読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―今年も球春の季節がやってきました

昨日の春の嵐は凄かったですね。

 

まさに春の台風です。一晩中、激しい雨と風の音が聞こえてきまし

た。「ザーザー」という雨の降る音と「ガタガタ!」と風が雨戸を

叩く音が聞こえてきました。あまりに音が大きいので何度か夜中に

目が覚めました。凄い音でした。一晩中、激しい風雨が吹き荒れて

いました。いつまで続くのか不安になりました。

 

一方、気温を確かめると17度です。春のような暖かさです。もう、

ストーブをつけなくても寒く感じません。羽毛の布団を着ると汗が

出てくるように感じました。先日までは寒くて困っていたのに、い

きなり17度とは驚きます。体がついていきません。何となく、体

がダルしんどく感じます。

 

幸い朝、起きると、雨は止んでいました。うっすらと日差しも差し

てきました。一時はどうなるかと思いました。朝起きて部屋の温度

計を見ても17度でした。朝刊を読むと、神戸でも18度を超え、

4月中旬の気温になったようです。全国的に気温が上昇してこの時

期としては記録的な高温になったと伝えていました。場所によって

は夏日になった地域もあったようです。

 

まだ、二月なのに夏日とは驚きです。地域によっては春一番も吹い

たようですね。春は近いと思っていましたら、明日からは、また、

寒波がきて、氷点下の寒さになるとの事、もう、体がついていけま

せん。18度の暖かい日から一転、氷点下の気温。年寄りには堪え

ます。

 

このところ、新聞を読んでいると毎日、プロ野球のキャンプの記事

がでています。チャンプのニュースを聞くと、今年も野球の季節が

来て、春も近いと感じます。プロ野球が始まると、毎日の楽しみが

増えます。今年のプロ野球は若い監督が多いので、どんな采配をす

るのか楽しみです。私は小さな子供の時から巨人のファンなので、

高橋新監督に大いに期待しています。

 

昨日、テレビを見ていたら、巨人の宮崎キャンプに長嶋名誉監督が

視察に訪れて、若い選手を熱心に指導されている姿が映っていまし

た。とても80歳とは思えない元気な姿に感動しました。私は子供

の時から長嶋ファンですので、いつまでも変わらない明るく輝いて

いる姿を見て嬉しく思いました。若い選手も長嶋さんから直接指導

をしてもらって,忘れられない経験になったでしょう。

 

松井元選手も臨時コーチとして指導していました。長嶋さんと松井

コーチのツーショットの映像も出ていました。キャンプで「カーン、

カーン!」と、バッターが投手の投げた球を打つ音を聴くと、今年

も野球の季節がやってきたと実感します。プロ野球の開幕が待ち遠

しですね。

 

私は、昔はセリーグの野球しか観戦しませんでしたが。近年はパリー

グの野球もよく見るようになりました。最近はパリーグの方が個性

のある選手が多くて、強いように思います。昔は、セリーグが強か

ったように思いましたが、最近はパリーグの方が強いですね。

 

パリーグでは元神戸の地元チームのオリックスが気になります。大

震災の時の優勝パレードが思い出されます。わが家では家内が阪神

ファンで娘が巨人ファンですので、巨人・阪神戦はどちらが勝って

も気を使います。巨人か阪神が優勝して、神戸の球場でオリックス

と日本一の決戦をしてもらいたいですね。

 

また、春になると高校の選抜高校野球も開幕します、この春は兵庫

県から長田高校と明石商業高校の二校が選ばれました。どちらも公

立の高校で、その活躍が注目されています。両校に頑張って欲しい

ですね。楽しみです。いよいよ野球の季節がやってきました。

 

ワクワクしますね。

これから秋まで毎日が楽しみになります。

 

「球春 春の足音が聞こえる 歩樹」

 

2016,2.14.里山 歩樹