読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【神戸通信】―神戸の美味しいコーヒー店の秘密が分かりました

今日も冷えます。

 

昨日よりさらに寒いように感じます。空を見ればキレイな青空が広

がっています。冬晴れの良い天気です。太陽の光も差していますが、

気温は下がっています。あと僅かで3月になりますが、今日は真冬

の寒さです。年寄りにはこの寒さは堪えます。

 

今日は強い風も吹いています。花粉が多く飛んでいるように感じま

す。鼻水が止まらなくて困ります。花粉が多い日は窓も開けられま

せん。窓を開けると、すぐに、くしゃみが出てきます。くしゃみが

出るとその勢いで倒れそうになるので怖いですね。

 

今日は、久しぶりに娘に手の爪を切ってもらいました。年をとって

も爪はよく伸びます。爪を切ってもらうと指が少し軽くなったよう

に感じます。年をとっても、ヒゲと爪はよく伸びます。不思議です

ね。毎日髭剃りは欠かせません。最近は優れた電気カミソリが出来

て助かります。その前までは安全カミソリで顔を傷つけて血だらけ

になった事があります。顔に絆創膏を張って仕事に出かけて恥ずか

しい思いをしました。

 

私は、食後には必ずコーヒーを飲みます。コーヒーを飲まないと、

落ち着きません。コーヒーは私にとって気付け薬です。コーヒーを

飲まないと目が覚めません。私はタバコを吸わないので、コーヒー

が唯一の嗜好品です。現役の時も仕事に疲れると気分転換によく近

くの喫茶店にコーヒーを飲みに行きました。よく、美味しいコーヒー

店を求めて神戸の街を歩きました。

 

神戸の有名なコーヒー店と言えば「にしむら珈琲店」があります。

北野の近くにある店はヨーロッパ風のお洒落な店です。白くて分厚

いコーヒーカップが特徴です。分厚いのでコーヒーが冷めません。

ブレンドコーヒーの美味しさが有名でした。確か、お代わりが出来

たように記憶します。

 

神戸で一番有名なコーヒー店なので、私はいつも、すこし緊張して

店に入った記憶があります.にしむら珈琲店に行くと、私は、砂糖

はザラメを使いました。ブレンドコーヒーの美味しさは格別でした。

今日その秘密が分かりました。

 

今日の神戸新聞ににしむら珈琲店の社長のインタビュー記事がでて

いました。それによるとにしむらコーヒーが美味しいのは灘のお酒

と関係があると言っておられました。どういう事かと言うと、コー

ヒーを入れる水に、神戸の灘の名酒「菊正宗」の宮水を使っている

との事です。

 

宮水は六甲山から流れてくるミネラルを多く含んだ水です。日本一

の酒どころ「灘五郷」の酒は宮水で製造されています。清酒と同じ

宮水でコーヒーが作られているので「宮水コーヒー」と言われてい

るようです。神戸に長く勤めていながら、不覚にも今日初めて知り

ました。反省ですね。

 

にしむら珈琲店の社長の話では全国から出店依頼が来ているが断っ

ているとのこと。なぜなら、宮水は神戸の周辺しか使えないからで

す。私はこれまで、知らないで宮水のコーヒーを飲んでいたのです。

美味しいはずですね。

 

神戸は昔からコーヒー文化が発達した街です。神戸には日本を代表

するコーヒーメーカーや商社があり、世界各国のコーヒーが神戸港

から入ってきます。街の中には、喫茶店が沢山あります。神戸の人

はコーヒーにはうるさいように思います。コーヒーの味には敏感で、

はっきり言ってうるさいと思います。

 

コーヒーをいれる職人はバリスタというようですが、バリスタの全

国大会では神戸の人が毎年表彰されています。日本で最初にコーヒー

を出した喫茶店も神戸元町にあり今も営業しています。日本で最初

にサイフォンでコーヒーをいれたカフェも神戸元町にあります。

 

神戸はコーヒー文化の街です。ポートアイランドには「UCC上島

珈琲」が運営するコーヒー博物館もあります。神戸はコーヒーの街

です。皆さんも、神戸の街に来られた時はにしむら珈琲店の宮水コー

ヒーを味わってください。

 

きっと、そのおいしさに感動しますよ。

私も、またにしむら珈琲を飲みに神戸の街に行きます。

 

2017.2.24. 里山 歩樹