読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―春になりました。春の里山に行こう!

また冬に戻ってきました。

 

寒い日です。このところ冬のような寒い日が続きます。各地で桜の

開花宣言が出ているのに、寒い日が続きます。先日のぽかぽかの春

の穏やかな天気はどこに行ったのでしょうか。本格的な春は、やっ

てきそうで、なかなかやってきませんね。暖かな春が来るのが、待

たれます。春よ早く来い。もう4月ですよ!

 

今日も雲が多い日です。雨は降っていませんが、今にも雨が降りそ

うな空模様です。夕方から雨になりそうです。雲に遮られて太陽の

光が差してきません。昼でも薄暗い日になりました。わずかに、薄

日が差してきていますが、気温が上がりません。

 

家の中で座っていると、足元から寒くなってきます。またまた、冬

が戻ってきました。一体、いつになったら本格的な春がやってくる

のでしょうか。暖かい春が待ち遠しいですね。春よ、早く来い、来

い!

 

亀吉は、今日も家内と庭で散歩をした後、いつものようにお湯を入

れてもらって、久しぶりに温泉に入りました。亀吉も暖かい春が早

く来る事を待っているでしょう。庭の椿の木にはピンクの大きな花

が一杯咲いています。散っても散っても、次から次に大きな花が咲

いてきます。こんなにたくさんの花が咲くのは初めてです。

 

数え切れくれないぐらい沢山の花が咲くのは初めてです。あまりに

ピンクの花が多いので遠くから見ると、桜が咲いたように見えます。

本当に見事な光景です。1月から咲きだして、もう、3か月間も咲

いています。驚きです。

 

あと、3日で4月です。里山では春の気配が進んでいます。私は、

この時期になると、休みの日にはよく近くの里山を行って山の中を

歩きました。リュックに双眼鏡と水筒を入れて、ステッキを持って

山の中を散策しました。この時期、山に入ると細い山道は落ち葉で

埋まっています。落ち葉を踏むと足が落ち葉で埋まってしまします。

ふわふわとして絨毯の上を歩くようです。

 

山の木々の枝を見ると新芽が一杯でています。青葉はまだですが、

新緑の香りが漂ってきます。あちこちから小鳥の囀りが聞こえてき

ます。この時期は木々や草木が芽吹き始めて、新鮮な香りが漂って

きて、気持ちが癒されるように感じます。クヌギやコナラ、栗等の

木々は落葉して枝と幹だけの姿になっています。森の中に太陽の光

がよく入ってきます。

 

色々な小鳥が飛び回っている姿がよく見えます。この時期はバード

ウオッチングには最適の時期です。木の上をよく探すと小鳥の巣を

見つける事もあります。足元を見ると蕨等の山菜が芽を出していま

す。

 

谷に降りると清らかなせせらぎが太陽の光を反射して輝いています。

せせらぎの流れる音が綺麗に聞こえてきます。澄んだ水の中を眺め

ると、小さな魚が泳いでいます。沢蟹の姿も見えます。せせらぎの

水は手で触ると冷たく感じます。

 

山の麓の竹藪に行くとタケノコがあちこちに芽を出しています。風

が吹くと木々が揺れる音が聞こえてっきます。時々,キジの鳴く声

が聞こえてくることもあります。谷川では奇麗なカワセミの姿を見

かける事もあります。

 

春の里山に行くといろいろな小動物の姿を見る事があります。何よ

り空気が美味しく感じます。小鳥の囀り、木々の新芽など、春になっ

て生命の息吹を感じます。風のざわめきを聞いていると気持ちが落

ち着きます。リラックスするように感じます。里山の林の中にいる

と癒されるように感じます。皆さん、待ちに待った春になりました。

春の里山に出かけませんか。

 

心身共にリフレッシュしますよ。

里山に行って新しい生命の息吹を感じましょう。

 

2016. 3.27. 里山 歩樹