読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―今日は花見に行ってきました

今日も暖かな春の陽気となりました。

 

部屋の温度計を見ると17度を指しています。五月のような暖かい

日です。今日は、風もありません。空を見上げると白い雲が薄く広

がっています。雲の中から優しい陽射しが差してきます。ところど

ころに青空が見えます。薄曇り天気です。家の中で座っていると、

少し肌寒く感じますが、出掛けるには最高の天気です。

 

今日は、リハビリもありません。天気予報では、明日は雨になるよ

うです。出掛けるのは今日しかありません。遅い朝食をとった後、

久しぶりに近くの公園に桜を観に行く事にしました。近くには公園

がいくつかありますが、以前、よく遊びに行った最も近い公園まで

歩いていく事にしました。

 

最近は病院にいって先生と一緒に病院の敷地を散歩する事はありま

すが、自宅で、公道を歩く事はありませんでした。自動車が頻繁に

通る公道を歩くのは約1年ぶりです。昨夜、家内が公園の桜が綺麗

と言ったことを思い出して、桜を見るのは今日しかないと思って、

思い切って出かける事にしました。

 

玄関を開けて外にでると、家の中にいるより暖かく感じました。薄

曇りの天気ですが、念のため、日よけの帽子を被って出かけました。

家から公園までは片道100メーター程ですが、全てかなりの傾斜

がある坂道になっています。公園までの公道はメインの道路になっ

ているので、車がスピードを挙げながら頻繁に通ります。

 

私は白線の内側の狭い歩道を歩いて行きましたが、歩道は少し傾斜

があり、しかも、ガタガタ道になっていいます。私は家内から幾度

も注意を受けながら、道の隅を選んで歩きました。それにしても車

は猛スピードを上げて私の横を通過していきます。横を通ると凄い

風圧を受けます。怖くなります。公道を歩く難しさを実感します。

 

公園までは下り坂です。舗装された道路もよく見るとガタガタで小

さな段差だらけです。しかも、白線の内側は60センチ程度しかあ

りません。その上に傾いています。ところどころに電柱が立ってい

ます。これでは車椅子の人は大変だと感じました。

 

今日は、曇り空なので、陽差しも弱くて歩きやすくて助かりました。

公園に行く道を歩いていくと、沿道の家家の前にはプランターに色

とりどりのカラフルな花が咲いています。家々の垣根の木を見ると

若葉が一杯芽吹いています。

 

何とか、公園に着くと、目の前に見事な桜の木が目に入ってきます。

満開です。薄いピンクの桜が、今が盛りと咲き誇っています。時々、

桜の花びらがひらひらと散っています。この公園は以前、飛行機公

園と言っていました。飛行機の形をした遊具がありました。私は、

子供が小さい頃はこの公園でよく遊びました。

 

今日、久しぶりにいく都、飛行機の遊具はなくなっていました。家

内によると、危険な遊具は全部取り払っているようです。公園に行

くのは数年ぶりです。公園の木々は以前より大きくなっています。

桜の木も子供の頃と比べると幹が太くなり、背が高くなっています。

枝が横に長く伸びています。薄いピンクの花が咲き誇っていて見ご

たえがあります。

 

私と家内は、砂場の近くにあるベンチに座って目の前の桜の花をうっ

とりと眺めていました。ベンチに座っていると暖かくて少し汗が滲

んできます。家内が携帯電話で写真を撮ってくれました。時々、花

びらが散ってきます。公園の土の上にはピンクの花びらがあちこち

に落ちています。私の傍をモンシロチョウがひらひらと飛んで行き

ました。ベンチの周りを見渡すと雑草の中に黄色いタンポポが沢山

咲いていました。

 

丁度、学校の下校時なので、学生が、公園の傍を歩いて行きます。

皆、桜を見ると「すげー!」と感嘆の声を挙げて通り過ぎて行きま

す。学生の方を見ると半袖姿でした。初夏のような光景です。ベン

チで家内と並んで20分程度桜の花を観賞してから家に帰ることに

しました。

 

まだまだゆっくり満開の桜の花を観賞したかったのですが、久しぶ

りの外の散歩で少し疲れました。これから、急な坂を歩いて帰らな

ければなりません。心残りですが、体力が残っているうちに帰るこ

とにしました。

 

久しぶりに歩く長い坂は不安いっぱいでした。相変わらず、私のす

ぐ横を車がスピードを上げて上って行きます。私は車が音を上げて、

横を通り過ぎるたびに怖くてビクッとします。白線の中の細い歩道

をびくびくしながら坂を上って行きました。家がとても遠く感じま

した。

 

何とか家について玄関の階段を上ろうとすると足が疲れてうまく上

がりません。家に着くと汗だくになっていました。今日は、往復一

時間程度の桜のお花見でした。天気予報では明日は雨風の荒れ模様

の天気になるとのこと。今日が今年の花見の最後の日になりそうで

す。

 

花見に誘ってくれた家内に感謝です。

本当にありがとう!

 

「公園に お花見にいく 春の昼 歩樹」

 

2016.4.6. 里山 歩樹