読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【兵庫通信】―故郷の川の思い出

今日も春らしい穏やか日になりました。

 

窓を開けると、明るい春の光が燦々と差しています。庭の隅にある

椿の緑の葉が太陽の光を受けてピカピカ光っています。チューリッ

プの花びらも初夏のような光を浴びていつもよりからカラフルに見

えます。今日も風が強いようで、パステルカラーのチューリップの

花が左右に大きく揺れています。

 

応接間の窓際にある水槽に入っている亀吉は気持ちよさそうに日向

ぼっこを楽しんでいます。寝ているのか動きません。気楽な亀です。

わが家の近くで数か月前から建て替え工事をしていた新しい家が完

成したようです。窓から見るとモダンな真新しい家が見えます。私

が暮らしている住宅地も開発してから半世紀近く経ちます。近年は

建て替えるところが目立ってきました。

 

新築の家はどれもモダンなデザインの家です。昔のような和風の家

は少なくなりました。よく見ると昔の家に比べると窓が少ないよう

に思います。この方が断熱効果かよくて省エネになるのでしょうね。

壁が多いので地震にも強いと考えられます。昔の日本の家は窓が多

くてどこからでも風や光が入ってきました。窓が多くて家中の雨戸

を閉めるのが大変でした。

 

耐震性や断熱効果より風通しや光がどこからも差してくることを大

切にしました。昔の家は天気の良い時は全ての窓を開けっぱなしに

して風が家の中を通り抜けるようにしていました。昔は玄関も開けっ

放しで、鍵もかけない家がほとんどでした、今では考えられません

ね。今考えればのどかな、のんびりした時代でした。

 

私は田舎で育ったので家といえば和風の家しか思い浮かびません。

モダンな綺麗な家を見ても、何故か違和感があります。住みたいな

という気持ちが湧きません。私の理想の家は子供の頃に見た、茅葺

の家です。子供の頃は村には農家か多くて茅葺の家があちこちに残っ

ていました。

 

茅葺の家は屋根が高くて土間も広々としていて、夏は風が通り抜け

て涼しかった思い出があります。家に風格がありました。わが家は

農家ではなかったので、普通の平屋の日本建築でした。私は農家の

高い茅葺の堂々とした家が大変、羨ましく思いました。

 

今日の神戸新聞を読んでいると面白い記事が載っていました。川西

猪名川オオサンショウウオが見つかったという記事です。何と、

体長が1メーター、体重が7キロの大きなオオサンショウウオが、

魚を獲りに来ていた人に捉えられたようです。猪名川と言えば、我

が家の近くで、子供の時からよく遊びに行きました。この辺では川

と言えば猪名川の事でした。

 

子供の頃は猪名川には豊かな水量の清流が滔々と流れていました。

水は澄んでいて、川の底までよく見えました。子供の水泳の場所で

した。アユ釣りの名所として有名でした。魚の種類も豊富でした。

子供の頃はよく魚釣りに遊びに行きました。網で魚を獲って遊んだ

こともあります。

 

その頃は水が澄んでいたので、よく、サンショウウオが川底をのそ

のそと歩く姿を見掛けました。私は初めて見た時はよく分からずに、

大きなナマズだと思っていましたが、ナマズは黒くはありません。

オオサンショウウオの姿でした。川の底を上流に向かって、ゆっく

りゆっくり、のそのそと、悠然と歩いていました。歩く姿に貫禄が

感じられました。

 

昔の猪名川にはいろいろな魚が沢山泳いでいました。私たちはかっ

てに名前をつけていました。モロコ、アカタ。アカタは体が赤くなっ

て綺麗な魚でした。小さな髭がありました。勿論、アユ、フナ、コ

イ、ウグイ、ゴリもいます。アユは漁業権が必要でした。うなぎや

 

ナマズもとれました、たまに、大きなモズクカニも採れました。子

供にとっては魚の宝庫です。最高の遊び場でした。河原ではキャン

プをする事も出来ました。

 

ところが、周辺で大規模な宅地開発が進められ、上流に大きなダム

が建設されてから、水量が激減して水質も悪くなってしまいました。

魚も減りました。今ではアユ釣りをする人を見かける事がなくなり

ました。

 

猪名川のアユ釣りは川西の夏の風物詩でした。水も濁ってきました。

今では泳ぐ人もいません。その川にオオサンショウウオがいたとい

う事は、猪名川は、まだ生きている証拠です。水も少し良くなった

のかも知れません。嬉しいニュースです。

 

猪名川が昔のように清らかな水が流れて、多くの人が猪名川で魚釣

りをして、楽しむ風景を、また、見たいものです。

 

また、夏になったら、家族揃って川遊びに行きたいですね。

 

2016.4.15. 里山 歩樹