読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―暑い夏の思い出

今日は真夏のような暑い日になりました。

 

まだ5月なのに気温は夏日の暑さです。今日はムシムシします。蒸

し暑い日になりました。蒸し暑い日は体が重たく感じます。寝てい

ても蒸し暑くて目が覚めます。目が覚めるとクーラーを入れてしま

います。少しの間クーラーをつけた後で寝るようにしました。

 

外を見ると真夏のような強い陽射しが差しています。外に出かけた

家内が「今日は真夏のようで暑かった」と言って汗をかきながら帰っ

てきました。新聞によると熱中症で病院に行く人が多いようです。

まだ、梅雨にもなってないのに真夏日の気温です。昔はこんなこと

はなかったように思います。もっと季節がゆっくりと変わって行き

ました。季節の移ろいを楽しむ余裕があったように思います。

 

部屋から外の景色を見ると太陽がガンガンに輝いていて、見るから

に暑そうで、外に出るのが怖くなります。新聞によるとインドでは

50度以上の暑さになって多くの犠牲者が出ているようです。信じ

られない暑さです。たかが、夏日で文句を言えませんね。

 

私は若い時は夏が好きでした。新緑の季節に続いてやって来る夏が

好きでした。太陽がギラギラ輝く夏が好きでした。夏はエネルギ―

が溢れている季節です。若くて元気な時はそんな暑い夏が好きでし

た。汗だらけになって、暑い、暑いと文句を言いながら、外に出て

行って野原や里山にいって遊んでいました。

 

昔は外に出ると真夏でも涼しい風は吹いてきました。真夏でも木陰

に行くと涼しくなって、心地良く感じました。暑い中をよく虫を採

りに出かけました。セミやカブトムシ、クワガタムシ等。よく、近

くの川に魚を獲りに行きました。家では毎日、行水をしました。汗

をかいた後の行水は気持ちが良かったですね。シャワーをするとスッ

キリしました。浴衣を着ると落ち着きました。

 

真夏でも夕方になると気温が下がってきました。縁側で座っている

と涼しい風が吹いてきました。縁側では蚊取り線香をつけて団扇で

仰いで夕涼みを楽しみました。夜は急に温度が下がってきました。

窓を開けて寝ると風邪を引きました。寒くてよく寝冷えをしました。

昔は暑い夏でも色々と楽しみがありました。

 

何よりも夏休みがあります。夏休みは子どもの天国でした。学校が

ないので、夏休みは毎日が楽しい日でした。一日中、野山や川、池

に出かけて遊び回っていました。一日があっという間に過ぎてしま

いました。夏は成長する季節でした。夏になると身長が伸びました。

自分でも体が大きくなるのが分かりました。

 

ところが、社会人になったころからは、夏がだんだんと苦手になっ

てきました。汗だくになって長時間の通勤をするのがしんどくなっ

てきました。一日の仕事が終わると、もう、体力は残っていません

でした。夏痩せをするようになりました。家で冷えたビールを飲む

のが楽しみでした。家ではよく冷ソーメンを食べました。

 

夜になると近くの公園に行って家族で花火をして遊びました。夏の

空は空気が澄んでいて無数の星が輝いて綺麗でした。夜空の星を眺

めていると暑さも忘れました。家族で夜に近くの雑木林に行ってカ

ブトムシを採りに行きました。海中電灯と虫捕り網を持て出かけま

した。よく、カブトムシが採れました.獲れたムシは家で育てまし

た。暗闇の中のムシ採りは夏の楽しい思い出です。懐かしい思い出

です。

 

 

夏には家族で旅行に出かけました。私達は海より高原が好きでした

が、沖縄にも行きました。夏には楽しい思い出が一杯あります。暑

い夏は活動的になりますね。疲れますが、それが、また、楽しく感

じました。でも、歳をとってくると夏の暑さが辛くなります。夏は

若者の季節ですね。夏が好きだと言う事は元気だと言う事ですね。

 

今日は、未だ、5月なのに、あまりにも真夏のような気候になった

ので、昔の夏の事を思い出していました.少し、気が早すぎるよう

に思いますね。もう少しゆったりと新緑の初夏の季節を楽しみまし

ょう。何も急ぐ必要はありません。

 

夏は、そのうちに必ずやってきます。

覚悟して待ちましょう。

 

「春来れば 暑い夏来る 楽しみだ 歩樹」

 

 

2016.5.21. 里山 歩樹