読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【神戸通信】-私が出会った神戸の経営者の思い出

今日も薄曇りの日になりました。

 

昨日より気温が下がって、薄着をしていると少し肌寒く感じます。

最近は朝晩の温度差が激しくて体調の管理が難しくて困ります。空

を見あげると、灰色の雲が広がっています。時時、雲の間から太陽

の光が差してきますが、すぐに雲に隠れてしまいます。陽が差して

くると少し気温が上がるように思いますが、陽が陰ると急に温度が

下がってきます。

 

今日から、早くも6月になります。新聞を読んでいると、就職の面

接が、今年は2か月早くなって今日からは始まったようですね。6

月と聞くと、今年も半分になったかと思って、何となく気が焦りま

すね。時間が過ぎるのがとても早く感じます。少し、嫌になります

ね。

 

何も変わらないのに時間だけがどんどんと過ぎていきます。何とな

く物寂しく感じます。学生さんもこれからが大変ですね。私の就職

活動の時のことを思い出します。焦らずに頑張ってもらいたいです

ね。

 

今日は、午前中は薄曇りの天気でしたが、夕方からは晴れてきて太

陽の明るい光が部屋の中に入ってきました。陽が当たると暖かく感

じます。今日は強い風が吹いています。窓を開けると涼しい風が部

屋の中に入ってきます。庭に植木が太陽の光をうけて輝いています。

青葉が一段と茂って庭の木々が大きくなったように思います。バラ

の木が伸びて来ていました。松の木も葉が伸びてきました。

 

アジサイの葉っぱがますます大きくなってきました。葉っぱの中か

アジサイの花のようなものが見えます。薄い色の花が小さいが見

えます。6月は梅雨の季節です。アジサイの季節ですね。アジサイ

は神戸の市花です。神戸の花時計もアジサイに植え替えたと神戸新

聞の記事が出ていました.今年もいよいよ梅雨の季節がやってきま

す。

 

就職の事を思い出すと、私はいつも学生の皆さんには企業の経営者

の事をよく調べて選んでほしいと思います。私の経験で感じた事は、

企業は経営者で変わるという事でした。優れた経営者のいる会社は

社員の人も生き生きと働いています。学生の皆さんには経営者を見

て会社を選んで、欲しいですね。

 

私は神戸の経済団体に長く勤務していました。経済団体は経営者の

集まりですので、毎日経営者に会うのが仕事でした。素晴らしい経

営者に身近に接する事が出来るのは、団体職員の特権でした。素晴

らしい経営者にお会いしました。大企業のトップにもお会いする事

が出来ました。皆さん立派な方ばかりでした。

 

しかし、大企業のトップの方とは、若い職員には遠い存在でした。

比較的に身近に仕えたのは中堅企業の創業者の方でした。創業者の

方は魅力的な経営者がおられました。皆さん、一代で企業を発展さ

せた経営者ですので、存在感がありました。オーラが感じられまし

た。魅力的な方ばかりでした。今思い出しても、多くの経営者の事

が思い出されます。

 

本当に魅力的で立派な経営者が沢山おられました。その中でも記憶

に強く残っているのは、アシックスの鬼塚社長、ワールド畑崎社長、

木口会長、田崎真珠の田崎社長。モロゾフの松宮社長、ノーリツ

太田社長等々です。皆さん魅力的な素晴らしい方でした。

 

鬼塚さんは戦後、神戸で靴のメーカーを起ち上げて、世界有数のス

ポーツ用品メーカーにまで成長されました。今では、売り上げの70

パーセント近くを海外で販売する、神戸を代表するグローバル企業

になりました。鬼塚さんで忘れてならないのは、神戸のファッショ

ン都市づくりのリーダーだったことです。ポートアイランドのファッ

ションタウンの推進者は鬼塚さんでした。

 

アシックスの本社を率先してファッションタウンに移転されました。

後には神戸商工会議所の副会頭に就任され、神戸のファッション都

市づくりに尽力されました。神戸ファッション協会も設立されまし

た。小柄な人でしたが大きな人でした。明るい太陽のような人でし

た。

 

声が大きな人でした。鬼塚さんが話をされるときは、マイクは不要

でした。誰にも優しい人でした.会うと誰でも両手で握手をして

「いつもご苦労さん」と言って挨拶をされていました。若い職員は

感激していました。

 

誰にでもよく気がつく優しい人でした。偉ぶるところは全くありま

せんでした。鬼塚さんは若い職員を大切にされていました。そんな

鬼塚さんでしたので、皆、鬼塚さんに従ってついて行きました。神

戸経済界のリーダーの一人でした。

 

鬼塚さんは絵画が趣味でした。よく太陽の絵を描いておられました。

真っ赤に輝く絵を描いておられた事を思い出します。太陽のように

明るい鬼塚さんにぴったりな絵でした。いつも明るくて元気な鬼塚

さんに言われると難しい問題もやれそうに思えるのが不思議でした。

会うといつも元気をもらいました。太陽のような明るい人でした。

本当のリーダーでした。

 

今、考えると、鬼塚さんが活躍されていたころは神戸経済が元気で

輝いていたように思います。素晴らしい経営者でした。鬼塚さんは

スポーツメーカーの経営者として世界を飛び回っておられました。

エネルギッシュな経営者でした。凄い経営者でいた。鬼塚さんの格

言は「七転び八起き」でした、

 

よく職員に「こけたら起きたらよい」と言っておられました。

今も鬼束さんの笑顔が思い出されます。

 

2016.6.1. 里山 歩樹