読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-紫陽花が咲きはじめました

今日も初夏のような爽やかな日になりました。

 

空気がカラッと乾いて過ごし易い日になりました。気温はそんなに

高くありません。薄着をしていると肌寒く感じる程です。新聞の報

道によると、昨日の4日の日に西日本は梅雨入りしたと見られると

発表があったようです。近畿は昨年より一日遅くて、平年より3日

早いとのこと。今日も天気予報では昼から雨になると言っていまし

たが、今のところは青空が広がって強い陽射しが差しています。

 

昨夜に少し雨が降ったようなので今日は、雨はなさそうです。その

代わりに気温が下がってきました。空気が乾燥しています。肌寒く

感じます。昨日梅雨入りしたとの事ですが、いつも思うのは自然の

神秘ですね。僅か二、三日の違いで毎年決まったように時期が来れ

ば梅雨がやってきます。不思議ですね。自然の季節の移り変わりの

正確さには驚きます。

 

何百年も変わらず暦通り正確に季節を刻んでいく自然の偉大さには

驚かずにはおれません。季節の花の開花でも毎年同じ時期に花を咲

かせるのはどうゆう仕組みになっているのかいつも考えさせられま

す。まるで、宇宙の創生主が支持を出しているように感じる事があ

ります。

 

宇宙と言えば先日、新聞に太陽系の惑星がもう一つありそうだとい

う記事が出ていました。あくまで理論上の事で実際に発見されたわ

けではないですが、興味がありますね。新しい惑星は太陽を一万年

かけて回るようです。それだけ太陽から離れた惑星と言う事ですね。

 

我々の地球は一年かけて太陽を一回りすると教えられました。一万

年かけて回るなんて想像も出来ません。一万年前と言えば、未だ、

人類は誕生していません。宇宙の大きさと偉大さ、神秘には驚くし

かありませんね。宇宙の事を考えると、日々悩んだり、愚痴を言っ

たりしていることが馬鹿らしく思えてきますね。

 

今日は、日曜日でリハビリもないので、家の中で自主リハビリをし

て家の中を散歩しています。家の中を歩きながら、窓を開けて外の

景色を眺めていました。空には青い空が広がっています。ところど

ころに白い雲が浮かんでいます。初夏の空です。昨日梅雨入りした

ようですが、強い夏の日差しが差しきていて梅雨入りしたようには

感じられません。幸い梅雨入りはもう少し先のようです。

 

座敷のガラス戸を開けて庭を見渡すと、アジサイの花が咲きだして

いました。色は薄い桃色をしています。アジサイが色づくのはこれ

からです。母がアジサイの花が好きで庭の両サイドにアジサイの木

を植えてくれました。ガクアジサイもあって、例年、ガクアジサイ

が一番先に咲きます。アジサイは土の性質が酸性かアルカリ性かに

よって花の色が赤くなったりブルーになったりするようです。

 

アジサイの花は小さな花の集まりです。大きな花は人の頭ほどの大

きさになります。アジサイは梅雨の時期に咲く花の中でも、その鮮

やかさでは花の中でも一番ですね。私はアジサイが花の色を次々と

変えていくのを見るのが楽しみでした。アジサイの七変化は、何度

見ても綺麗で、美しさに感動します。なぜこんなに鮮やかな色に変

わるのか不思議ですね。

 

アジサイは神戸市の「市花」です。神戸の有名な花時計も先日アジ

サイの花に植え替えられました。神戸の街の中を歩くとあちこちで

アジサイの花が咲いています。時に六甲山のアジサイは有名です。

私がよく遊びに行った妙見山も色々なアジサイの花が山の中で咲い

ていて見事です。山のアジサイはブルーに染まります。大きなボー

ルのようはブルーの花が咲きます。

 

アジサイの近くに行くと甘い香りが漂ってきます。ミツバチやいろ

いろな虫が蜜を求めてやってきます。昨日の梅雨入れ宣言の日に我

が家の庭のアジサイに花が咲いているとはタイミングがいいですね。

私はアジサイの花を見ると梅雨を思います。梅雨は鬱陶しくて嫌で

すが、アジサイの花が日々色を変えて行くのを見るのは楽しみです。

綺麗なアジサイの花を見ると梅雨もまた、よしと思います。

 

「紫陽花が 梅雨入り告げる 我が庭で 歩樹」

 

私はアジサイの花を見ると母が元気なころに毎日庭に出てアジサイ

の花を眺めていた母の姿を思い出します。よく仏前に庭で採ったア

ジサイの花を供えていました。庭で咲いた花を近所の人にも配って

いました。母はアジサイの花が好きでした。庭で新しいアジサイ

木を植えて育てていました。わが家のアジサイは色が鮮やかで大き

いので近所の人が良く見に来ていました。

 

近くの公園でもアジサイの花が沢山植えてありました。私はアジサ

イの花を見るために公園巡りをしました。公園によって違ったアジ

サイが咲いていて、楽しかった記憶があります。特に池の傍に咲い

ているアジサイが綺麗でした。

 

場所によってアジサイの色が淡いピンク、赤い紫、薄いブルー、パ

ステルカラーの鮮やかなブルーと違っているのが不思議でした。公

園で雨に濡れたアジサイの花を見るのが好きでⓈた。梅雨もいいな

と思いました雨にしっとりと濡れたアジサイの姿に風情がありまし

た。梅雨の嫌さを忘れさせてくれました。

 

アジサイは梅雨の季節の風物詩ですね。これからは、毎日庭のアジ

サイを見るのが楽しみです。綺麗なブルーのアジサイが咲いたら、

母がしていたように仏壇に供えましょう。きっと母も喜ぶでしょう。

 

お袋。

今年も庭にお袋が植えたアジサイの花が咲きましたよ。

 

見えますか!

 

2016.6.5. 里山 歩樹