読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-ホタルの里

今日は朝からどんよりした曇り空の日になりました。

 

湿度が高くて、蒸し暑い日になりました。少し動くと汗がじわーと

滲んできます。梅雨独特のジメジメした鬱陶しい季節になりました。

梅雨入りはしましたが、今日は何とか薄日が差しており、雨は降ら

なさそうです。

 

だけど、窓を開けて空を見上げると黒い雲が広がっています。強い

風も吹いています。湿気を含んだ風です。今にも雨が降りそうな空

模様です。湿度が高くて体が重たく感じます。リハビリを兼ねて家

の中をぐるぐると歩いていると汗をかきました。涼しい空気を入れ

ようとして座敷のガラス戸を開けましたが、強い風が吹いています

湿度が高いのですぐに閉めました。

 

窓を開けた時に庭の景色を見渡しました、庭の植木が大きくなった

のを改めて感じました。特に松の木が大きくなっているのに驚きま

した。庭に松の木を植えた時は子供の背丈ほどの小さな松でした。

それが40年以上経って二階まで届く大きさになっていました、

 

今日は改めて眺めると近くにあるヒマラヤ杉より高くなっていまし

た。ヒラマヤ杉は我が家の庭で一番高い植木でしたが、あまりのも

大きくなり過ぎて家に太陽の光が差してこなくなったので、植木屋

さんに頼んで上の木を切ってもらいました。その為に、ヒラマヤ杉

は上に伸びないで幹がどんどん太くなっています。庭の植木の青葉

が茂って庭は緑が一杯になっています。

 

庭の片隅にはオレンジ色のバラが風に吹かれて激しく揺れています。

バラの隣ではアジサイの花が咲いているのが見えます。薄い水色に

なっていました。隣の庭を見ても植木の青々と茂った姿が見えます。

今日は、雲の間から光が時々差してきますが、すぐに隠れてしまい

ます。その為、昼になっても気温が上がりません。ジーとしている

と少し肌寒く感じます。

 

雨は降っていませんが、梅雨らしい湿度の高い日です。体が重たく

感じます。今日は、天気予報では夜から雨になりそうです。梅雨に

なっての初めての雨になりそうです。しばらく晴天が続いていたの

で、里山の草木や田圃の苗には恵みの雨になるでしょう。

 

皆さん、お待たせしました。わが故郷川西にもやっと蛍が飛び出し

ました。先日の神戸新聞に記事が出ていました。梅雨の時期になる

と蛍が飛び出します。私が子供の頃は田圃や川に行くとどこでも蛍

が飛んでいましたが、最近は見なくなりました。今では川西でも山

奥に入らないと蛍の姿は見られなくなりました。記事によると一庫

ダムの下流の川岸で先ほど蛍が飛んでいるのが確認されたようです。

 

猪名川の上流でも、昔は猪名川には清流が滔々と流れていました。

猪名川はアユ釣りの名所として有名でした。水はどこまでも澄んで

いて、川遊びやキャンプ場として賑わっていました。度々洪水が発

生するので上流にダムが建設されました。それから水の質が悪くなっ

てアユもいなくなりました。猪名川のどこにもいた蛍も少なくなり

ました。

 

私は元気な時に自転車でダムまで遊びに行ったことがありますが、

ダムに下には水が滔々と流れていました。まだ自然が残っているよ

うに思いました。蛍は夕暮れから飛び出します。はじめは一匹、二

匹が飛び出します。闇夜の中に、ほのかな黄色い光が浮かんできま

す。蛍が真っ暗な中から淡い光を出して浮かんでくる光景は幻想的

です。感動します。

 

最初は二、三匹しかいないと思っていると、いつの間にか周囲には

無数の蛍が飛んでいます。どこから湧いて来たのか不思議です。し

ばらくするとホタルの乱舞する光景が目に入ってきます。感動的な

光景です。

 

記事によると、黒川でも蛍が見られるようです。黒川は日本一の棚

田が残っています。昔ながらの田園風景が残っています。空気も水

も綺麗です。当然、蛍も飛ぶ事でしょう。今では少ないホタルの里

になりました。広い棚の水面に青い空が映る景色は美しくて感動し

ます。

 

黒川には今も茅葺の民家が多く残っています。青い山々に囲まれて、

豊かな自然が残っています。田圃では苗が風に吹かれて揺れている

光景が見られます。風は涼しくて心地よく感じます。私は黒川の蛍

は見た事がありませんが、棚田の中で浮かぶ蛍の光景は見事だろう

と想像します。黒川は川西に残された数少ないホタルの里です。

 

大切にしたいものですね。

また、機会があれば黒川に行ってみたいですね。

 

「蛍飛ぶ 夕暮れ時 初夏の日 歩樹」

 

2016.56.6. 里山 歩樹