読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-金魚

蒸し暑いですね。

 

湿度が高く、ムシムシ、ジメジメして、座っていても汗がじわーと

滲んできます。外は晴れていますが、空気が湿気を含んで、重たく

感じます。パジャマ姿でいても暑く感じます。今日は特に蒸し暑く

たまりません。今日は風もなく無風の天気です。

 

気温は昨日よりかなり高くなりました。夏日の陽気です。窓から外

を見ると、夏のようなカンカン照りの天気です。太陽の光が強くて

眩しく感じます。真夏の陽気になりました。汗がだらだらと流れて

きます。蒸し暑くて堪りません。今日は金曜日でリハビリもありま

せん。自主トレで家の中を少し歩くとすぐに汗が滲んでくるので、

途中でやめました。窓を開けても風がありません。

 

庭の植木鉢に植えたアジサイに薄いピンクの花が咲いています。大

きなアジサイの花が二輪咲いています.花が大きくて重たく感じま

す。今朝は天気が良いので、亀吉も庭で家内に散歩をさせてもらっ

ていました。亀吉も大きなアジサイの花をみて、驚いた事でしょう

ね。花だと分かっているのでしょうかね。突然見慣れないものがあっ

てビックリした事でしょう。

 

今日は、家族は神戸の実家に用事で出かけました。私は亀吉と留守

番です。今日は梅雨の合間の快晴。出掛けるには絶好の日です。台

所に座ってパソコンを操作していると、外からウグイスの鳴き声が

聞こえてきます。自宅でウグイスの囀りを聞くのは久しぶりです。

庭の植木に止まっているのでしょうが、姿は見えません。

 

庭の植木の青葉が茂っています。強い日差しを受けて青い葉がピカ

ピカと光っています。光を反射しています。先ほど台所で食器を洗

う時に暑いので窓を開けて風を入れようとして外を眺めて気がつき

ましたが、玄関の植え込みに植えてあるアジサイが大きな花を咲か

せていました。色はまだ薄くて淡い桃色でした。玄関のアジサイ

時期がくれば綺麗なブルーの色に染まります。

 

わが家の自慢のアジサイの花です。梅雨本番を感じます。外の景色

は真夏のようです。隣の家の屋根の瓦が太陽の強い光を反射してい

ます。見るからに熱そうです。こんなに暑くなると,涼を求めて水

が恋しくなります。

 

私は、暑い夏の日の事を思い出すと、何故か金魚の事を思い出しま

す。子供の頃は家で金魚をガラスのビンに入れて飼っていました。

金魚が泳いでいる姿を見ると涼しく感じました。子供の頃は夏にな

ると金魚を売りに来る人がいました。

 

「金魚ー!金魚ー!」独特の言い回しで、金魚を売りにきました。

私は小銭を持って金魚屋さんの後を追いました。いろいろな種類の

金魚がいましたが私は一番安い赤い金魚を買って帰って水槽の中に

入れました。本当は出目金が欲しいのですが、子供の小遣いでは高

すぎます。

 

ある時、金魚鉢を思いきって買いました。金魚鉢に入れると金魚の

泳ぐ様子がよく見えました。金魚が涼しそうに泳いでいるのを見る

と私も暑さを忘れるように感じました。金魚は水道水ではすぐに死

んでしまうので、近くの小川の水を入れて飼いました。水草も近く

の池から採ってきました。

 

青い水草を入れると金魚は喜んで水草を食べていました。青い水草

と赤い金魚のコントラストが綺麗だった記憶があります。金魚の餌

には麩を小さく砕いてやりました。金魚は私が餌をやりに行くと口

をパクパクと開けて寄ってきます。私は餌をやるのが楽しくなりま

した。

 

水はすぐに濁るので小川の水を度々入れ替えました。水草を新しい

水草に入れ替えました。暑い夏は水がすぐに悪くなるので金魚鉢の

掃除も大変でした。金魚は上手く育てるとどんどんと大きくなりま

す。いつの間にか金魚が大きくなって金魚鉢が狭くなってきます。

 

夏のお祭りでは必ず金魚すくいがありました。私は金魚すくいが好

きで、金魚が取れるまでいつまでも金魚すくいをしていました。獲

れた金魚はビニールの袋に入れて持って帰りました。私は、出目金

を選んですくいました。黒の出目金が獲れた時は感激しました。

 

金魚は上手く育てると子供を産みます。知人の家では沢山の子ども

が生まれました。小さな稚魚が親の後を泳ぐ姿は何とも可愛いもの

です。残念ながら、我が家では子供は生まれませんでした。黒の出

目金はどんどんと大きくなって金魚鉢では狭くなってきました。可

哀想なので近くの小川に逃がしてやりました。今となっては、遠い、

遠い、昔の夏の思い出です。

 

夏の昼だまりに金魚屋さんが売りに来る呼び声が懐かしく思い出さ

れます。昔は色々な物を売りにきました。竿竹、豆腐、アイスクリー

ムとアイスキャンデー、水あめ等々。独特の言い回しに風情が感じ

られました。懐かしい思い出です。

 

今も夏になると金魚鉢の中で泳ぐ金魚の姿を思い出します。夏の風

物詩の一つですね。クーラーのような便利な物がない時代はいろい

ろ工夫して涼をとりました。金魚の泳ぐ姿を鑑賞したり、夏の虫の

鳴き声を聞いたり。

 

打ち水をしたり、朝顔の花を観賞したり、夏の過ごし方に風情があ

りました。

昔の夏が懐かしく思い出されます。

 

「夏祭り 金魚すくい 懐かしや 歩樹」

 

2016.6.10. 里山 歩樹