読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【神戸通信】‐男のおしゃれ

暑いですねー。

 

今日も猛暑日になりました。新聞によると昨日は京都で37度近く

まで気温が上がったとの事です。37度と言えば私の体温と同じ温

度です。これでは体がもちません。特に高齢者には堪えます。私は、

咽喉が渇くので、水を度々飲んでいます。

 

ところが、水道水がぬるくなっています。暫く、水を出しっぱなし

にしていると冷たい水が出てきました。外を見ると今日もカンカン

照りの天気です。外の景色は真夏のようです。窓を開けていますが、

生暖かい空気が入ってきます。風が入って来ても、涼しく感じませ

ん。

 

わが家の庭の草花や植木も少し元気がないように感じます。アジサ

イが一段と大きくなっていました。大人の背丈を超える程に茎を葉っ

ぱが大きくなっています。アジサイの花の色はまだ薄い水色です。

真っ青なブルーになるのはまだ先のようです。

 

アジサイも水が恋しいでしょうね。そろそろ一雨欲しいですね。シ

ャワーのような俄雨が降ってくれると気温も下がって涼しい風が吹

いてくるでしょう。雨はサーと降ってサーと止んでくれるのが理想

的ですね。草木にとっても恵みの雨になるでしょう。

 

それにしても梅雨はどこに行ったのでしょうかね。梅雨明け宣言は

まだ聞いていません。このまま夏本番になるのでしょうか。わが家

では、この間から扇風機を出してつけています。扇風機の風が当た

ると汗が渇いて体が少し楽になります。扇風機の風はクーラーより

体に優しいように思います。

 

夏になるといつも思うのは、昔はクーラーも扇風機もなくて、猛暑

の中をどうしのいで暮したのか、不思議に思います。あるのは手動

の団扇だけでした。暑い時期は道路や庭によく打ち水をしました。

すると涼しい風が吹いてきました。家には大きな簾を立てて、日差

しを遮りました。

 

暑くて堪らない時はよく水風呂に入りました。焼けるような暑い日

でも夕方になると急に気温が下がって涼しい風が吹いてきました。

夜は窓を開けて寝ると寒く感じる程でした。クーラーなんか不要で

す。自然のクーラーがありました。

 

それにしても今日は風もあまりありません。太陽の強い光が窓から

差してきて顔に当たります。顔が日焼けしそうです。隣家の屋根瓦

が太陽の光を受けてピカピカと光っています。見るからに熱そうで

す。今日は、カンカン照りの真夏日になりました。涼が欲しいです

ね。一雨欲しいですね。

 

今日の新聞を読むと、10日に行われる参議院選挙の記事がほとん

どを占めています。その中で選挙費用の記事を読んで驚きました。

今回の改選でかかる費用は全国で何と330億円以上がかかるとの

事です。兵庫県下だけでも18億の費用が必要と出ていました。

 

兵庫県下の改選数は3人です。3人選ぶのに18億円以上の費用が

かかるとは驚きです。一人選ぶのに6億以上の費用がかかっていま

す。ある人は「民主主義には費用がかかるものです」と言っていま

したが、その費用は誰が負担しているのでしょうか。国民です。国

民の血税ですよ。選ばれた議員の人はこのことを良く認識してほし

いですね。

 

ところで皆さんはオシャレに関心がありますか。男は夏になっても

白いシャツに紺かグレーの背広を着て出かけるのが一般的でした。

およそ男はオシャレには無関心でした。それが男だと思っていまし

た。外に遊びに出かける時もせいぜいゴルフウエアを着ていました。

 

ところが、数年前からクールビズになって男性もネクタイを締めな

くてもよくなって、白いカッターシャツでなくていろいろな色のシャ

ツを着るようになりました。スーツを着ないとその人のセンスが分

かるように思います。それから、私も着る物に気を遣うようになり

ました。

 

神戸ファッション協会では数年前から、月曜日に男性がオシャレを

して仕事に出かける「神戸スタイリッシュデイ」キャンペーンを展

開しています。神戸ファッション協会が設立二〇周年になるのを機

会に始めました。最初は、ポケットにネッカチーフをつける事から

始めたようです。それから、パンツ、シャツ、靴、ベルトとテーマ

を決めて、月曜日にオシャレをして仕事に出かけるようにしました。

 

 

最初は男性に戸惑いがあったようですが、最近は慣れてき様ですね。

オシャレは一度するとその楽しさが分かって来ます。最初は恥ずか

しがっていた男性もそのうちにセンスが良くなってきてオシャレを

楽しむようになってきました。私の友人も何を着たらよいか困ると

言っていましたが、久しぶりに会うとオシャレなブレザーのポケッ

トにオシャレなハンカチを入れているのにびっくりした事がありま

す。

 

友人は、オシャレは金がかかると笑っていましたが、私が「良く似

合うよ」と言うと嬉しそうにしていました。オシャレは高価なブラ

ンド品を着る事ではありません。自分に合ったセンスのよい物を着

こなす事です。皆さんもオシャレを楽しんでみませんか。オシャレ

に気を遣うようになると物の見方が違ってきます。違った世界が見

えてきます。

 

貴方も「神戸スタイリッシュデイ」に参加しませんか。

来週の月曜日から始めて下さい。

 

2016.7.6. 里山 歩樹