読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-花火遊び

今日は晴れ、時々曇りの天気になりました。

 

雨は降っていませんが、空には雲が広がっています。雲に遮られて

陽差しは差して来ません。薄暗い一日になりました。今日も蒸し暑

い日ですが、風があるので、窓を開けていると、時々、涼しい風が

家の中に入ってきます。風があると少し過ごしやすく感じます。風

があるので気温も昨日よりは低いように思います。

 

風が入ってくると窓際に吊るした明珍風鈴がゆれて、涼やかな音色

を出してくれます。風鈴の音色を聴くと、一瞬,暑さを忘れさせて

くれます。私は、今日も娘がくれた魔法のマフらを首に巻いて過ご

しています。首が冷たくて、気持ちが良いですね。優れモノのマフ

ラーです。汗を吸収して冷たくなるようですね。

 

今日は土曜日でリハビリもありません。リハビリがないと時間を持

て余します。いつものように台所の椅子に座って新聞と雑誌を読ん

で過ごしました。今日はあまり変わったニュースはありません。久

し振りにスポーツ面を開くとプロ野球のオールスターが始まってい

ました。セ・リーグが勝ったようですが、新聞を読んでも知らない

選手が多くて関心が湧きませんね。

 

昔のオールスター戦は夢のオールスターと言われたように、スター

選手が多くて興奮しました。オールスター戦が始まると夏本番になっ

たと感じたものです。居間で、冷たいビールを飲みながらテレビで

オールスター線を観戦して、ファンの選手の活躍をワクワクしなが

ら応援するのが夏の楽しみでした。

 

私は巨人の長嶋選手が好きで、長嶋さんの姿ばかりを眺めていまし

た。

大相撲も名古屋場所が始まっています。今回は、日本人の大関が優

勝して、日本人の横綱が久しぶりに誕生するか興味が注目されます。

 

今日は、のんびりとした気持ちで過ごしていると夕刊を見て驚きま

した。トルコでクーデターのニュースが飛び込んできました。フラ

ンのニースのテロに続いて、今度は軍事クーデターです。世界は何

があるか分かりませんね。世界は刻々と動いています。世界は激動

の時代を迎えました。日本でも何が起こるかわかりません。外国の

事だと考えて、のんびり構えていては対応を間違える事になります。

 

世界が激しく動いています。歴史の大きな転換点を迎えているよう

に感じます。日本も世界の動きをしっかり分析して世界的視野にたっ

て政策運営をしていく事が求められています。国内の事だけを考え

て入れば対応を間違えます。

 

 

閑話休題。夏になって思い出す事に一つに花火遊びがあります。私

が子供の時は夏の夜になると家の縁側に集まって庭に降りて、毎日

曜のように花火を付けて楽しみました。子供の頃は我が家で店をし

ていたので、店には花火が一杯ありました。縁側に座って花火をし

て楽しみました。

 

子供の頃の花火はあまり大きな音がしない綺麗な花火でした。私は

線香花火が一番好きでした。蚊に噛まれながら花火をして楽しみま

した。夏の夜は毎日、花火をするのが楽しみでした。花火をしてか

ら風呂に入って寝るのが習慣になっていました。庭には花火の匂い

と煙が漂っていました。昔は家の周りは畑でしたので、花火をして

もだれも何も言いません。

 

住宅地に引っ越ししてからは、子供達を連れて近くの公園にいって

花火をしました。夏の夜、誰もいない公園にバケツを持って出かけ

ました。近所迷惑にならないようになるべく高い音が出ない花火を

選んで楽しみました。公園は真っ暗です。セミの鳴き声がどこから

か聞こえてきます。上を見上げれば無数の星が輝いています。

 

公園にある水飲み場からバケツに水を入れて、傍においてから花火

をしました。時々、打ち上げ花火をしました.打ち上げ花火は大き

な音がします。驚いて、近くの家の犬が吠えます。セミも驚いて逃

げていきました。ねずみ花火もよくしました。ねずみ花火の最後に

大きな音がします。私は、大きな音がする花火はあまり好きではあ

りませんでした。

 

一番好きな花火は線香花火でした.線香花火のシュシュと音をたて

ながら輝くのが綺麗で素ね。最後に残り火が光るのが、何とも言え

ない風情が感じられます。線香花火にもいろいろ種類がありました

が、私は昔ながらの線香花火が最も気に入っていました。蛇花火も

よくしました。

 

花火をした後で公園のブランコや鉄棒で遊びました。夜になると涼

しい風が吹いてきました。誰もいない公園は静かです。私達は、花

火の後始末をして綺麗に掃除をしてバケツで水をたっぷりかけて帰

りました。これが、夏の夜の毎日の楽しみでした。

 

雨で行けない日以外は毎日、公園に行って花火をしました。

夏の楽しい思い出です。

 

2016.7.16. 里山 歩樹