読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-夏の夕涼みの思い出

今日の真夏日の暑い日になりました。

 

新聞の記事によると全国各地で30度を超える真夏日となっている

ようです。熱中症で体調を崩す人が続出しています。ここ二、三日

の暑さは格別です。この夏一番の暑さです。部屋の中から外を眺め

ると、厳しい日差しがジリジリと照りつけています。隣の屋根や道

路に太陽の光が当たって、その反射熱が家の中まで入ってくるよう

に感じます。

 

日差しを遮るために窓にはカーテンをつけていますが、強い光はカー

テンをも通り抜けて家の中に入ってきます。あまりにも強い光なの

で眩しくてたまりません。正に夏本番ですね。今が暑さのピークか

もしれませんね。明後日からは8月に入ります。

 

今日もリハビリはないので、昼近くまで寝ていました。最近は、夏

の疲れか、眠たくて仕方がありません。自分でも呆れる程長く寝て

います。あまり寝すぎるとかえって体がだるく感じます。夏バテの

症状でしょうか。

 

今日は土用の丑の日です。今日の神戸新聞に面白い記事が出ていま

した。東南アジア産のウナギの養殖に神戸の企業が成功して土用の

丑の日に「神戸うなぎ」として売り出すようです。なんでもうなぎ

の稚魚を買ってきて、六甲山からの伏流で育てると大きなうなぎに

育ったようです。

 

また一つ、神戸の新しいブランド商品が誕生しました。どんな味が

するのか食べてみたいですね。値段は二ホンウナギより少し安いよ

うです。神戸牛、神戸うなぎ、神戸ワイン、灘の酒、神戸洋菓子、

まさに神戸は食の街、グルメの街ですね。

 

明日、日曜日は東京では知事の投票選挙が行われます。なんでもこ

の4年間に3回目の知事選挙らしいです。兵庫県民の私にはまった

く関係あるませんが、その結果誰が知事になるかは興味あります。

 

 

新聞には連日、アメリカの大統領選挙のことが出ています。私には

まったく関係ありませんが記事を読んでいると面白ですね。そちら

の方も今後の推移が注目されます。日本の選挙より話題が多くて目

が離せませんね。世界ではどこも激動の時代を迎えてリーダーの交

代が進んでいます。リーダー受難の時代ですね。日本も他人事では

ないように感じます。

 

ブラジルリオのオリンピックがもうすぐ開催されます。日本選手も

次々と出発しています。リオのオリンピックは暑さとの戦いになり

ます。日本選手にはメダルに拘らないでベストを尽くしてほしいで

すね。

 

それにしても今日の暑さは特別です。私は熱中症にならないように

こまめに水分を取るように気をつけています。こんな暑い日になる

と、子供の頃に、家の縁側で夕涼みをして涼をとったことを思い出

しますね。昔はどの家にも板の間の広い縁側がありました。家で遊

ぶ時は大抵、縁側でした。縁側の前は広い庭がありました。その庭

には季節の野菜や花が植えられていました。

 

暑い夏でも、夕方になると急に涼しくなってきます。縁側で座って

いると気持ちが良い涼しい風が吹いてきました。クーラーも扇風機

もない時代でした。縁側に座って団扇で仰ぎながら過ごすのが唯一

の涼を問う方法でした。前庭には水をまいて風を呼びました。水を

撒くと不思議に風が起って涼しい風が吹いてきます。縁側には金鳥

蚊取り線香をつけていました。

 

昔の家は天井が高くて、全ての部屋がつながっています。普段は開

けっ放しです。家のあちこちからも風が入ってきます。子供の頃は

テレビもない時代でしたので、夕方からは家族が縁側に集まって夜

の時間を過ごしました。縁側は家族が集まる場所でした、今でいう

居間のような空間でした。縁側に集まって夕涼みを楽しみながら今

日の出来事をいろいろ話して長い夜の時間を過ごしました。

 

縁側に座って庭の景色を眺めていると季節の移り変わりが感じられ

ます。夕涼みは暑い夏を過ごす日本人の知恵ですね.子供の頃は夕

方になって太陽が沈むと昼の暑さが嘘のように涼しくなりました。

夜は窓を開けていると寒くなりました。寝冷えをしないように腹巻

をして寝ていました。

 

私は、厚い夏になると縁側で家族集まって夕涼みを楽しんだことを

よく思い出します。夕涼みをしながら食べたスイカの味が忘れられ

ません。家の畑で採ってきたスイカを井戸水で冷やしてから、縁側

で割って食べました。わが家の畑で採れたスイカは冷たい井戸水で

長い時間冷やしてあるので、冷たくて甘くて最高でした。

 

縁側からは空と遠くの山が見えます。山の上には丸い月が見えます。

縁側で夕涼みをしていると、時々、セミやカナブン、カブト虫が電

気の灯りに引かれて飛び込んでくることがありました。時々、近く

の林からフクロウの鳴く声が聞こえてきました。私はフクロウの鳴

く声が怖くて嫌いでした。

 

夕涼みをしていると前庭の野菜や花の成長や移り変わりがよく分か

って季節の移ろいを実感しました。縁側は冬になるとガラス戸を締

めると日向ぼっこの場所に変わります。ガラス越しに太陽の光が入っ

てくると冬でも暖かくなりました。冬は縁側でよく遊びました。陽

の当たった縁側にいるとストーブはいりませんでした。

 

近年の家には縁側がありません。縁側は日本の家屋の優れた知恵だ

と思いますね。暑い夏に縁側で家族が集まって夕涼みを楽しむ文化

を取り戻したいですね。夕涼みを楽しむ心のゆとりを取り戻したい

ですね。夕涼みは暑い夏を楽しく過ごす日本人の知恵ですね。

 

夕涼みは暑い夏の故郷の懐かしい思い出です。

楽しい思い出です。

 

2016.7.30. 里山 歩樹