読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-今日のリハビリ日誌

今日は火曜日。

 

今週最初のリハビリの日です。すこし曇っています。しかし雲の間

から強い日差しが差しています。今日も猛暑の暑い日になりました。

このところ連日の猛暑日で寝ていても寝苦しい日が続いています。

寝汗をかきながらいます。朝起きると汗でシャツが びっしょりと

濡れています。夜中に何回も目が覚めて、その都度、洗面所に行っ

て水道の水を飲みました。水道水もぬるくなっています。

 

今日も朝早く目が覚めました。リハビリのる日は自然と早く目が覚

めます。最初に目が覚めると午前6時です。起きるにはまだ、早す

ぎます。もう一度寝直しました。次に目が覚めると7時半です。丁

度良い時間です。着替えをして、洗面所に行って顔を洗い、髭を剃

りました。

 

今日は、朝から植木屋さんが庭の植木の剪定に来てくれています。

毎年、盆の前に選定をお願いしています。植木の年一回の散髪です。

植木屋さんが来ると今年もお盆の時期になったと実家します。植木

屋さんはこの家に移って来てから母がお願いしていたところで、盆

の時期になると毎年剪定に来てくれます。

 

今日の朝刊は各紙とも昨日の天皇陛下のお気持ちの表明が誌面の多

くを占めています。昨日テレビでビデオメッセージを聞きましたが。

朝刊で改めてお言葉の全文を読みました。深い思いが込められたお

言葉に心から感動を覚えました。一字一句に陛下の深い、深い思い

が込められているように感じました。全文で2000字以上もある

お言葉でした。

 

記事を読んでいると、時間が来たので玄関に行って出掛ける準備を

しました。外に出ると植木屋さんが玄関の松の木の剪定の準備をし

ていました。クマゼミの賑やかな鳴き声が聞こえてきます。今日は

曇り空で風が強い日です。カンカン照りの日照りの日よりは過ごし

易く感じます。いつもの通り運転席の隣に乗りました。車窓から外

の景色を眺めると空には灰色の雲が広がっています。

 

雲の間から、時々強い日差しが差して来ます。公園の木々や街路樹

は青々と茂っています。遠くの山を見ても青青とした夏山の風景で

す。道を歩いている人は陽射しが差していないので、帽子や日傘を

差さないで薄着で歩いています。今日は陽が差してこないので、比

較的過ごし易く感じます。

 

病院には少し早く着きました。お盆が近いせいか、患者さんが少な

いように思いました。リハビリで歩くのは久し振りのように感じま

す。病院の入り口からリハビリ室まで歩いて行きましたが随分遠く

感じます。病院の中を歩くのは久し振りです。病院の中は冷房がよ

く効いています。先生に足のマッサージを受けてから、外に出かけ

る事になりました。

 

外に散歩に出掛けるのは随分久しぶりのような気がします。先週は

装具の修理で出かけられませんでした。しばらく歩いていないと足

が重く感じます。外に出ると強い日差しが肌を差してきました。空

を見上げると青空が見えます。帽子を被っていますが暑くてたまり

ません。曇りのつもりで出かけたのに予想が間違っていました。

 

でも、止めるわけにはいきません。今日散歩に行かないと10日ほ

どリハビリはありません。思いきって外に出て最初の坂道を上って

行きました。坂の傾斜が何時もよりきつく感じます。坂の上まで上

るのに時間がかかりました。もう、汗だくです。杖を握っている右

の手が硬く感じます。右手に力が入っている証拠です。

 

今日は北の山の方から強い風が吹いてきます。涼し風です。汗だく

の体には気持ちよく感じます。風にはかすかに秋の気配が感じられ

ます。お盆が近くなると季節は足早に秋の気配が感じられるように

なります。久し振りに田圃まで歩いて行くと遠く感じます。近くの

林から、セミ時雨が聞こえてきます。

 

久し振りに田圃に行って驚きました。田圃野中を眺めると稲が成長

して稲穂がたわわに実っています。黄色い稲穂が重たそうに頭を垂

れています。田圃は一面黄色い稲穂の絨毯のようです。強い風が吹

いてくると黄色い稲穂が波のように揺れます。揺れる光景を見ると

綺麗で見とれてしまいました。

 

田圃の上には鳥よけのナットが張られています。丹波の中を注意深

く見るとイナゴのようなバッタが沢山飛んでいます。周囲の田圃

見ても稲穂が茂って居ます。あたりは黄色い稲穂の絨毯です。しば

らく行かないうちに田圃は秋のような風景に変わっています。季節

の移ろいの早さを感じます。背中から吹いてくる風にもかすかに秋

の気配を感じます。

 

しかし日差しは真夏の日差しです。暑くてたまりません。久し振り

の散歩なので疲れました。左足が痛くなってきたので病院に引き返

しました。坂を下りるのは久し振りです。坂は下るのが大変です。

何時もの倍の時間をかけて坂を下りました。病院に着くと疲れたの

で今日はエレベーターに乗って二階のリハビリ室に行きました。

 

部屋に着くと、汗だくでした。部屋に着くと濡れたタオルで汗を拭

きました。手のリハビリをするのも久しぶりのように思います。疲

れていたので手のリハビリもマッサージを中心にしてもらいました。

最後に血圧を測ると上が107、下が65でした。今日は久し振り

に外に出て田圃まで散歩しました。

 

かすかに秋の気配を感じながらの散歩でした。

疲れましたが、季節の変化を感じながらの散歩は気持ちが良いもの

です。

 

田圃には 稲穂が実る 秋近し 歩樹」

 

2016.8.9. 里山 歩樹