読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【兵庫通信】-イチジクの木

MY兵庫通信 MY神戸通信 MY日常通信

今日も曇り。

 

台風12号が近づいてきているためだと思います。空を見上げると

黒い雲が広がっています。湿度が高くて、ムシムシします。気温は

そんなに高くありませんが蒸し暑く感じます。台風12号は九州を

通って関西に向かっているようなので、これから大雨が降る恐れが

あります。不安ですね。今日は、厚い雲に遮られて、太陽の光が入っ

てきません。薄暗くて陰気な日です。気分が晴れません。

 

今日はリハビリも無い日ですので、家の中で歩いて自主トレをして

時間を過ごしました。今にも雨が降りそうなので窓は開けられませ

ん。時々、歩いた時に窓を開けて外の様子を眺めましたが、薄暗く

てよく見えません。今日は風もあまりないようです。

 

よく目を凝らして見ると、アサガオ青い花が今頃咲いています。

先日家内がアサガオの種を集めていました。遅咲きのアサガオです。

アサガオにも個性があるようですね。今日は静かな日です。いつも

聞こえるカラスや犬の鳴き声も聞こえてきません。静か過ぎて少し

寂しく感じます。今日は、家内は、用事で神戸の御影に行きました。

台風の大雨に会わないか心配です。

 

兵庫県日本海側では、早くも、秋の味覚のベニズワイカニの初セリ

がありました。今日の神戸新聞の夕刊に紅色の蟹がどっさりと競り

にかけられている写真が載っていました。秋の訪れを実感させられ

ます。今日の初競では一匹の最高値は13000円だったようです。

ズワイカニの価格としては高いですね。

 

ベニズワイガニはカニの王様のマツバカニとは種類が違います。マ

ツバカニの解禁は11月に入ってからです。ズワイカニはメスの蟹

で、沢山獲れるので普段は比較的安く手に入ります。母が好きで、

子供の時はよく食べました。卵を一杯抱いていて湯がいて食べると

卵が美味しかった事を覚えて居ます。美味しいので何匹も食べまし

た。今年もカニのシーズンがやってきました。早いものですね。

 

秋の味覚と言えば秋は果物が美味しい季節です。昨日は食後の果物

として家内がスイカの代わりにイチジクを出してくれました。能勢

のイチジクです。甘くて柔らかくて、美味しく頂きました。イチジ

クと言えば、昔、子供の頃に家の裏にあった畑でよく採ったことを

思い出します。畑は結構広くて畑の周りに柿の木やイチジクの木が

沢山植えてありました。

 

イチジクの木は畑の隅に4、5本植えてありました。祖母や母はイ

チジクが大好きでした。イチジクの木はあまり高く伸びません。イ

チジクの木は背が低いので、子供の私でも簡単に採る事が出来まし

た。イチジクの木の近くに行くと甘い香りが漂って来ます。その為、

蟻や蜂などの虫がイチジクの木には一杯やってきました。私は、蟻

等の虫を採りながらイチジクを採りました。

 

イチジクの木には沢山のイチジクの実がなります。すぐに籠に一杯

になりました。家にイチジクは実が小さかったのでいくらでも食べ

ることが出来ました。実は小さかったですが、とても甘かった記憶

があります。畑から採りたてのイチジクは新鮮で甘くて最高でした。

私は毎日畑に行って、熟したイチジクを探しました。沢山獲れた時

は近所にお裾分けしました。

 

イチジクは採っても、採っても次から次に出てきます。イチジクは

特に世話をしなくても時期になると実をつけてくれます。すこし困

るのはあまり日持ちしないことです。私達は採れたその日に食べま

した。家に持って帰ると甘い匂いが部屋の中に漂います。

 

イチジクの木の葉っぱは大きくて一年中青々としています。生命力

の強い木です。イチジクは川西の名産です。畑に行けば必ずイチジ

クの木が植えてあります。川西ではイチジクのワインも作っていま

す。イチジクを使ったお菓子もあります。イチジクは川西の秋の味

覚です。

 

皆さんも、川西のイチジクを食べてみてください。甘くて感動しま

すよ。イチジクは栄養価満点です。私は秋になると我が家の畑でイ

チジクの実を採ったことを思い出します。楽しい思い出です。秋は

味覚の秋で、イチジクの次は柿の季節です。ブドウ、ビワもありま

す。

 

私が好きな果物が一杯あります。

毎日が楽しみですね。

 

「イチジクは 故郷の味 秋景色 歩樹」

 

2016.9.5. 里山 歩樹