読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-芋堀り

蒸し暑い日が続きます。

 

昨夜は暑くて何度も目が覚めました。最近は、また、夜もクーラー

をつけっ放しにして寝ています。朝、新聞を読むと神戸では25度

以上の熱帯夜の日が続いていると書いてありました。暑いはずです。

暦の上では秋なのに、夏に逆戻りです。

 

涼しくなったり、暑くなったり、体がついていけません。今日は青

空が見えます。日差しも差してきます。風も少し吹いています。し

かし、湿度が高くてムシムシします。ジーとしていても汗が滲んで

きます。

 

今日の神戸新聞を読むと、淡路の「花さじき」ではブルーサルビア

が満開になっていると写真を載せていました。記事によると約3000

本が咲き誇っているようです。周囲はブルーの絨毯を敷いたようで、

壮観な景色が広がり訪れた人の目を楽しませていると報じています。

見頃は10月上旬までとのことです。

 

ブルーサルビアの花は夏の後半に咲きます。ブルーがとてもきれい

な花です。いつもリハビリに行く病院のベランダにも咲いて、私達

の目を楽しませてくれています。ブルーサルビアの花を見ると夏の

終わりを感じます。

 

ところで、また台風が発生しました。今日の夕刊を読んでいると台

風13号が勢力を強めながら近畿地方に進んでいるようです。今夜

から明日の朝にかけて近畿地方は大雨が予想されています。今年は

台風が次から次と連日やってきます。今年は台風の当たり年ですね。

明日はリハビリがある日なので心配です。朝までに雨が止む事を期

待します。

 

さて、九日は重陽節句です。重陽節句は「菊の節句」ともいわ

れています。平安時代から、日本酒に菊を浮かべて長寿を祝う習わ

しがあるようです。重陽節句を前に、灘の酒の蔵元では燗酒のPR

に努めていると神戸新聞の記事に出ていました。これからの秋の季

節は燗の酒が美味しい季節です。秋の夜長を奇麗な月を見ながら燗

の酒を飲むのも風情があって良いものです。

 

ところで今日はいつもの通り昼食でカレーを食べた後に、家内がサ

ツマイモのふかし芋を出してくれました。私は子供の時からサツマ

イモが大好きでした。母がよくサツマイモをふかして、おやつに出

してくれました。アツアツのサツマイモをフーフー冷ましながら食

べた事をよく覚えています。

 

サツマイモは我が家の畑で栽培していました。甘いサツマイモが沢

山採れました。子供の頃はおやつにサツマイモをよく食べました。

サツマイモは我が家の裏の畑で毎年祖母が苗を植えていました。サ

ツマイモは繁殖力が強いので、苗を植えるとすぐに青い葉っぱを出

して蔓がどんどんと横に伸びていきます。

 

特に世話をしなくてもどんどんと成長していき、いつの間にか畑の

畝一杯に蔓が伸びています。秋になって、芋ほりをするのが楽しみ

でした。蔓を思いきり引っ張ると茶色い芋が次から次に土から出て

きます。正に芋ズルに色々な大きさのサツマイモが出てきます。大

きい芋は子供の頭ほどもあります。長細い芋、丸い形をしたサツマ

イモの等次から次に出てきます。

 

私は時間が経つのも忘れて芋掘りに夢中になっていました。一本の

畝のサツマイモを掘り起こすと、山のように沢山のサツマイモが取

れました。採れたサツマイモは畑の傍にある納屋に保管しました。

サツマイモは長持ちがします。すこしずつふかし芋や焼き芋にして

食べて行きました。いくら食べても食べきれないくらいありました。

干し芋にしても食べました。

 

今のように美味しいお菓子等がない時代はさつまいもは最高のおや

つでした。私は、焼き芋にして食べるのが大好きでした。子供の頃

は薪でごはんを炊き、お湯を沸かしました。私は竈の残り火の中に

サツマイモを掘り込んで焼き芋を作って食べました。アツアツの焼

き芋をフーフーと冷ましながら食べるのが好きでした。

 

芋堀りで思い出すのはモグラが出てきた事です。おおきなサツマイ

モもモグラにかじられた跡がありました。私は芋堀りをして初めて

モグラを見ました。思ったより可愛い顔をしていました、目は退化

してありませんでした。

 

母は時々、サツマイモを入れたお粥を作ってくれました。母が作る

芋粥の味は最高でした。すこし甘いサツマイモが粥によく合います。

私は何回もおかわりをしました。今も時々母が作ってくれた芋粥

事を思い出す事があります。

 

今も川西では芋掘りが出来るところがあります。

また芋堀りにいきたいですね。

 

「芋掘りは 秋の思い出 モグラ見る 歩樹」

 

2016.9.7. 里山 歩樹