読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-たこ焼

MY日常通信 MY神戸通信 MY兵庫通信

たこ焼

今日も曇り、時々晴れ。

 

今日は気温が高く、ムシムシします。家の中でジーとしていて

も汗が滲んできます。台風がまた来ているので、その影響かも

知れません。湿度が高くてジメジメして気持ちがよくありませ

ん。昼でも薄暗くて気分も晴れません。昨夜も雨が降っていま

した。

 

このところ夜になると毎日雨が降っています。10月に入って

もぐずついた天気の日が多くなりそうです。新聞の天気予報に

よると大型の台風18号が日本に向かっているとのこと。私は

明日から家族と九州に旅行にいく事になっているので天気が心

配です。

 

今日は、日曜日。リハビリも休みですので家の中でのんびりと

過ごしました。太陽の日差しが差してこないので、家の中にい

ても薄暗くて気分が沈みがちになります。今日は新聞を読んで

も、これといったニュースもありません。

 

神戸新聞によると、灘五郷の一つ西宮で「日本酒の日」のイベ

ントが開催されて大勢の人が西宮の銘酒を楽しんだと報じてい

ます。今年も秋になり、日本酒が美味しい季節になりました。

これから、灘の酒の本場、神戸でも色々なお酒のイベントが開

催されます。秋は食の秋です。お酒が呑みたくなる季節です。

 

今日、新聞の高校欄を見て驚きました。早々とホテルでのクリ

スマスパーティの案内が出ています。さらに、お正月のお節料

理の広告も載っています。夜の中は早くも年末の商戦が話題に

なっているようです。こんな広告を見ると、気がせきますね。

落ち着きません。

 

ところで今年のプロ野球も終わります。新聞を読むと、多くの

選手が引退するようです。秋は別れの季節でもあります。馴染

みの選手が引退すると聞くと、寂しさを覚えます。引退は誰も

が経験する避けられない道と分かっていても、寂しく感じます

ね。最近は知らない選手が多くなってテレビを見ても以前のよ

うにワクワクする事がなくなりました。

 

ところで、秋になると何故かたこ焼きを思い出します。秋にな

ると家でもたこ焼とお好み焼きを作って食べたことを思い出し

ます。以前はどの家にも携帯のタコ焼き器がりました。私の親

戚が村でお好み焼き店をしていたので、母が家でもたこ焼きを

作ってくれました。

 

母は親戚の店を手伝っていました。たこ焼きを作るのはお手の

ものでした。家でもおやつ代わりによく作ってくれました。私

は母が作るたこ焼が大好きでした。私はベニ生姜が好きなので。

小さく刻んだ紅生姜を多めに入れてたこ焼きを作ってもらいま

した。

 

たこ焼には青海苔をたっぷりと乗せてその上に特製のどろソー

スを塗って食べました。時には醤油をつけて食べる子ともあり

ました。でも、たこ焼にはどろっとした甘辛いスースが一番合

います。

 

母はいつも大きなタコと細かく刻んだこんにゃくを入れて作っ

てくれました。母は蛸がなくなると家にあった竹輪を代わりに

入れてたこ焼きを鵜繰ってくれました。竹輪のタコ焼きも美味

しかった思い出があります。私も自分でたこ焼きを作ってみま

すが、母のように丸く作れませんでした。

 

わが家では時々食事の時にたこ焼きを焼いておかず代わりに食

べました。わが家ではお好み焼きもよく食べました。お好み焼

きはキャベツを細かく刻んで作りますので、栄養価満点です。

お好み焼きは、母が分厚い鉄板の鍋を使って作って切れました。

 

お好み焼きは、子供の私でも作る事が出来ました。私はお好み

焼きが焼けるのを待つのが好きでした。何度も裏返して炊きま

した。お好み焼きには、青海苔、カツオブシ、紅生姜をたっぷ

り振りかけました。

 

その上に特製のソースを塗って食べます。ソースを塗ると「ジュー」

という音がしてソースの匂いが漂います。美味しそうな匂いで

咽喉がごくっとなりました。神戸は粉もんが美味しい街です。

私は現役の時は長田によくそばめしやお好み焼きを食べに行き

ました。秋はたこ焼き、お好み焼きが食べたくなる季節ですね。

 

また、神戸の長田に出かけて行って名物の粉もんを食べたいで

すね。

しばらく食べていないので懐かしいですね。

 

「たこ焼を食べると母を思い出す 歩樹」

 

2016.10.2. 里山 歩樹