読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【神戸通信】-神戸ルミナリエの灯り

MY兵庫通信 MY神戸通信 MY日常通信

今日もよい天気になりました。

 

昨日に続いて空には青空が広がっています。風邪もない穏やか

な日です。気温もあまり寒くありません。今日は土曜日。リハ

ビリは休みです。リハビリがない日は安心して遅くまで寝る事

が出来ます。

 

リハビリのない日は昼近くまで寝るのが習慣になりました。こ

のため、一日がすごく短く感じます。今日の新聞をゆっくり読

んで過ごしました。最近は新聞を読むスピードが速くなって。

すぐに読み終わってしまいます。あまり速く読むと時間を過ご

すのに困ります。

 

今日の新聞で気になったのはカジノ法案です。カジノ法案はか

ねてから課題になっていました。昨日、衆院委員会で可決され

て、今国会で成立運びとなりました。カジノで内外から人を集

めて地域の活性化に役立てようというのが法案の狙いです。

 

カジノで都市の活性化を図ろうという考えはかなり前からあり

ました。神戸でのカジノ誘致を提案する経済人もいました、し

かし、私は反対でした。何よりも、私は人を集めて街を活性化

するためには手段を選ばない発想にはついていけません。儲か

れば何でもやる考えには賛同できません。

 

我が国は、これからは観光立国として発展する事が期待されま

すが、カジノがなくても、日本には豊かな自然や優れた観光資

源が沢山あります。何もカジノに頼る必要はありません。日本

はもっと日本の自然や観光資源に自信を持って、さらに日本の

魅力を磨いて、それを世界に発信していく事に力を入れるべき

だと考えます。

 

日本には既に、競馬、競輪、競艇、パチンコとギャンブルが沢

山あります。これ以上、ギャンブルの施設は必要ありまでん。

ギャンブル大国になってしまいます。世界で有名なカジノ施設

がありますが、いずれも他に観光資源がない所です。日本には

カジノは似合わないと思います。

 

そもそも、国民はカジノを望んでいるのでしょうか。国会では、

慎重に審議して欲しいですね。今すべきことは他にもあります。

カジノで活性化を図る考え方は時代遅れの発想だと考えます。

 

今日の神戸新聞を読むと、神戸の六甲山のスノーパークではス

キー場が開園になったと伝えています。今年もスキーの季節に

なりました。神戸では昨夜から恒例の「神戸ルミナリエ」が始

まりました。冬の神戸は光の街になります。

 

ルミナリエは、1995年の大震災の年に始まりました。その

年の一月に大震災が発生して、神戸の街は光を失い暗くなって

いました。神戸の街に光を取り戻すために、経済界が中心に開

催したのが始まりでした。

 

開催には大きな経費が掛かります。震災で行政の資金がありま

せん。そこで経済界で寄付金を集めて開催する事になりました。

私も経済団体の職員として寄付金集めに企業を回りました。震

災直後でどこの企業も被害を受けていましたが、何とか協力を

得て開催する事が出来ました。

 

初めて開催イベントでしたので担当の部署は大わらわでした。

何よりも警備が大変でした。初めて開催して暗闇にルミナリエ

の光が点灯された瞬間は感激で涙が出てきました。初めは人が

どれだけ集まるか予想できませんでした。開催して愕きました。

予想をはるかに超える人が集まって、大変な事になりました。

 

ルミナリエを見た人は皆、泣いておられました。皆さん、光に

飢えておられたのです。ルミナリエの白熱灯の温かい光が、震

災で暗くなっていた人々の心を明るくしました。光のありがた

さが身に染みました。

 

ルミナリエは多くのボランティアの人に支えられています。作

品はイタリアのデザイナーが作成して船で送ってきて神戸で組

み立てます。ルミナリエの開催には5億以上の経費がかかって

います。費用の最大の物は製作費と警備費です。経費の一部に

充てるため、参加者には一人100円の募金をお願いしていま

す。募金もボランティアの学生が協力しています。

 

ルミナリエの光は昨年から発光ダイオードになりました。光の

色も少し変わったようです。ルミナリエに合わして周辺では

色々なイベントも開催されるようになりました。

 

ルミナリエも今年で22回になりました。ここまで続くとは最

初は予想しませんでした。今夜、ルミナリエは、300万人以

上も人が集まる大イベントになりました、今や神戸の冬を彩る

風物詩に発展しました。22年前の事を思うと、夢のようです。

 

ルミナリエ 神戸の灯り 温かい  歩樹 」

 

ルミナリエは12月11日まで開催されています。

ぜひお越しください。

 

その節は100円の募金をよろしくお願いいたします。

 

2016.12.3. 里山 歩樹