読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-大掃除

MY日常通信

今日も冷えました。

 

寒波の襲来です。新聞によると、各地で今年初めて雪が降った

ようです。神戸の六甲山でも雪景色になったと新聞の記事が伝

えています。山の木々の枝葉に雪が積もって綺麗な雪景色が見

られたようです。新聞によると今朝、日本列島に寒波が襲って、

真冬の寒さになったとのこと。今年も雪が降る季節になりまし

た。

 

私は雪が苦手です。若い時に雪道で滑ってけがをしそうになっ

たことが、トラウマとなっています。母も雪の日に玄関で滑っ

て背骨を折る大怪我をして、長く入院したことがあります。雪

は一度積もると、なかなか溶けません。道路が凍結して歩くの

が怖くなります。

 

今年も、あと、わずかになりました。今年も二週間を残すとこ

ろとなりました。年の瀬になると、年内にしなければならない

ことが多くて気ぜわしい思いがします。時間に追われるように

感じます。この時期から大掃除をする家が増えてきます。先般

も我が家の近くでは大型ごみが山のようにおいてあるのが見え

ました。

 

私はこの時期になると家の大掃除をしたことを思いだします。

母は近くで店を開いていたので、年内は休みがありませんでし

た。年末になると夜遅くまで働いていて、家の大掃除をする時

間がないので、大掃除は私の役割でした。私は、20日過ぎに

なると家の大掃除に取りかかりました。

 

まず、家中の網戸と窓の掃除をしました。網戸は窓から外しま

す。庭に下して水洗いをしました。水で洗うと、網戸は見違え

るように綺麗になりました。寒い中での水洗いは冷たくて大変

でした。特に大きな網戸の水洗いには苦労しました。冷たくて

手が真っ赤になりました。

 

家中の窓もガラスクリーナーを使って掃除をしました。わが家

は窓が多いので、全部の窓を拭くのは時間がかかって大変でし

た。ガラスクリーナーを3本も使いました。窓ふきが終わると

外の景色がよく見えるようになりました。困ったのは外した網

戸が上手く窓枠に入らない事でした。外す時に無理に外したの

でうまくもとに戻りません。本当に困りました。

 

次にするのは家の電球の掃除です。電球は全部新しい電球に取

りかえます。部屋が多いので大変は個数になりました。電球の

傘も取り外して洗いました。新しい電球に取りかえると部屋の

中は見違えるように明るくなりました。高い所にある電球の掃

除には苦労しました。脚立の上に乗って掃除をしました。首が

痛くなりました。

 

最後は、風呂場と台所の掃除です。風呂場は壁も天上も水洗い

しました。壁にはカビが出来ています。そのカビには薬を塗っ

て丁寧に取り除きました。浴槽も綺麗に洗いました。風呂場を

洗うのには時間がかかりました。半日もかかる時がありました。

風呂窯の中も掃除しました。掃除をすると湯垢が沢山出てきま

した。

 

台所の掃除では換気扇の掃除もします。換気扇には油がベット

リついていました。油を取るのは大変でした。台所の壁にも油

がついています。壁の油をふき取るのは大変な作業でした。油

を拭くと壁は見違えるように綺麗になりました。

 

母は仕事から帰ってくると台所が綺麗になっているのに驚いて

いました。「綺麗になったねー!」と言って喜んでいました。

私は母の嬉しそうな顔を見て、掃除をしてよかったと思いまし

た。

 

年一回の年末の大掃除は、私にとっては新年を迎えるための欠

かせない仕事でした。大掃除が終わると、これでいい年が迎え

る事が出来ると思いました。大掃除が終わると充実感が出てき

ました。家中の電球を全部新しくしたので、夜になって電気を

つけると明るくてビックリしました。部屋の中が見違えるよう

に明るくなりました。

 

風呂に入ると壁と天井が光っています。掃除をした後の風呂に

入るといつもより気持ちよく感じました。綺麗になった風呂場

を眺めながら、ゆっくりと湯に入りました。気分は最高でした。

いつもより疲れがとれるように感じました。

 

大掃除が終わると新しい年を待つ準備が出来ました。今年もい

よいよ終わると実感しました。私にとって大掃除は今年の仕事

納めでした。大掃除が終わった夜の食事はいつもより美味しく

感じました。夕食のビールの味は格別でした。

 

「大掃除 仕事納めの 年の暮れ 歩樹」

 

今年も大掃除の時期になりました。

昔の大掃除が懐かしく思い出されます。

 

今はあまりしなくなりましたが、大掃除は年末の風物詩でした。

 

2016.12.17. 里山 歩樹