ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】ー「グリーン社会の実現」

昨日、菅総理がはじめての国会での所信表明演説で、2050年までに温室効果ガスを実質的にゼロにすると宣言しました。

 

グリーン社会の実現は国際的な課題になっており、すでにヨーロッパ諸国では脱炭素化社会の実現に向けて、積極的な対策を実施しています。

 

これまで、日本は脱炭素化への取り組みでは後進国であり、かねてから、世界各国から厳しい批判を浴びてきました。

 

50年温室効果ガスゼロも、すでにヨーロッパ諸国では、普通のことになっています。今回の菅総理温室効果ガスゼロ宣言は、先進国からの批判に対応するために、遅まきながら宣言したものです。

 

しかし、これまでの経緯は別にして、我が国が世界に初めて50年で温室効果ガスゼロにすると宣言したことは、これまでからは大きな進展であり、評価したいと思います。

 

しかし、50年温室効果ガスゼロの目標を達成することは簡単なことではありません。脱炭素化の実現に向けて日本の技術や資源をすべて投入しないと、実現は難しいと言われています。

 

第一にすべきことは、再生エネルギーの開発に全力で取り組むことです。風力、バイオマス、太陽光、地熱などあらゆる再生エネルギーの開発に官民あげて取り組んでいくことが求められます。

 

そして、重要なことは再生エネルギーの開発を全国各地で進め、エネルギーの地産地消に取り組むことです。

 

地方の資源を最大限に利用して風力、太陽光、バイオマス、地熱などの活用による再生エネルギーを、全国各地で開発してエネルギーの地産地消化を進め、それを通じて、地方の活性化に取り組むことだと思います。

 

再生エネルギーの開発を大きな課題であった地方の活性化に活かしていくことが求められます。

 

第二に重要なことは、CO2の排出量を削減することに国をあげて取り組むことです。産業界をはじめ国民生活面でもCO2の削減に取り組んでいくことが求められます。

 

特にCO2削減のカギを握っているのは、石炭火力発電を一日も早く全廃することです。政府で、古い石炭火力発電所を順次廃止していくことを求めているようですが、石炭火力発電の新設はいまだに認めています。

 

しかし、グリーン社会の実現のためには新設の石炭火力発電所の建設を禁止にすべきです。日本社会から石炭火力発電所を撤廃することが必要です。

 

それから、日本に求められるのは、日本は単に日本社会だけのグリーン社会実現を目指すのではなく、世界全体のグリーン世界実現に向けて、先進的な役割を示していくことが求められます。

 

グリーン社会実現への取り組みで日本社会の発展と、世界の温暖化対策への貢献に全力で取り組んでいくことを期待します。

 

 

2020.10.27.(火曜日)午後2時40分

里山 歩樹 (藪野 正昭)

【日常通信】ー「読書の秋」

秋は読書の季節です。

今年も「読書週間」が始まります。私は本や新聞を読むのが一番の楽しみで、文書を読まないと気分が悪くなります。いわゆる読書中毒です。

 

私は、小さな子供の頃は、川西の田舎で育ったので、遊ぶときは外に出て野山をかけめぐっていました。小さな子供の頃は、家でいるとよく母に「外に出て遊んでおいで!」と言われたものです。

 

川西は田舎ですので家にいても、マンガぐらいしか本がありませんでした。小さな子供のときは、本といえばマンガのことでした。子供の頃はマンガを夢中になって読んでいました。このため、私は文字だけの本は読むのが苦手でした。

 

そのため、小説のような本を読むようになったのは、大学に入ってからでした。私は西宮にある関西学院大学に入学しましたが、入学して、いろいろな友達と話しているとみんないろいろな本を読んでいるのでびっくりしました。

 

私はあまりにも、本のことを知らないので劣等感を感じて、落ち込みました。そして、本をもっと読まないと一人前の人間になれないと思って大学生のときは、できるだけ、多様な分野の本を読むように努めました。

 

学生のときは、1カ月に10冊以上の本を読むことを目標にして頑張りました。学生のときは経済学や社会科学関係の専門書を読むように努めました。

 

学生の頃は、小説のような本は読むのは時間のムダのように思っていました。よくわからないながらも経済学や哲学の古典を中心に毎日、学習していました。

 

あるとき疲れたときに、手元にあった小説を読んでから、小説のおもしろさに気付いて、それから小説を多く読むようになりました。最初に読んだ本は遠藤周作の本だったと思います。それから小説を選んで読んだのは太宰治の小説でした。

 

太宰の小説は暗いテーマが多くて、読んでいるとつらくなりました。それから時代小説や歴史小説を読むようになりました。私が今でももっとも好きな小説は、時代小説です。特に好きな小説家は藤沢周平池波正太郎山本周五郎の時代小説ですね。

 

学生の頃は司馬遼太郎氏の話もよく読みましたが、司馬氏の小説は英雄をテーマにした小説が多いので、すぐに飽きてしまいました。

 

それと違って池波正太郎氏の小説は庶民を中心にした話が多くて、親しみがありました。池波氏の「剣客商売」はよく読みました。今は、毎日の新聞で小説を読んでいます。

 

今年も読書週間になりました。

また時代小説を読みたいと考えています。

 

皆さんはどんな本を読んでいますか。

 

 

2020.10.26.(月曜日)午前11時55分

里山 歩樹 (藪野 正昭)

【神戸通信】ー「神戸都心のウォーターフロントに緑ゆたかな公園を」

いま、神戸では都心の再開発が進められています。

その一環として、三宮の南側にある新港突堤から、順番に再開発計画が進められています。

 

新港突堤は、昔は倉庫や港湾関係の作業場としてつくられてきましたが、港のあり方が変わってから、空き地になっていました。

 

そのため、そのウォーターフロントの用地にいろいろな集客施設を建設して、人が集まる地域として再整備する計画が進められています。すでに西側の突堤では、水族館や、展示場やオフィスビル、高層マンションなどの建設が進められています。

 

突堤は西から東に向かって数か所の突堤がありますが、神戸市では残された突堤を再開発して、都心のにぎわいを取り戻そうと考えているようです。そして、その計画の中では商業施設やホテルなどの建設が考えられているようです。

 

今日の神戸新聞に、商業施設とホテルを考えているとの記事が出ていました。突堤は広い面積がありますので、いろいろな集客施設を建設することが可能です。

 

そのため、ホテルや商業施設もいいと思いますが、私はウォーターフロントで、整備してほしいとかつてから考えていたのが、緑ゆたかな広い公園をウォーターフロントの森として整備してほしいと考えてきました。

 

神戸は海がすぐ近くにありますが、残念ながら市民が海に、近づけるような都心の近くではほとんどありません。わずかにメリケンパークがあるだけです。

 

そこで、私は以前から、新港突堤に、六甲山からとってきた木で広い公園をつくり、ウォーターフロントに六甲の森公園をつくって、市民がいつでも、すぐに海に行って美しい海を楽しめる場所をつくれないかと考えていました。

 

三宮の都心の中に緑ゆたかな森の公園を整備すれば、海の見える公園として、神戸市内外から多くの人が訪れてくると考えます。六甲山は今は、人が入ることが少なくなって大変荒れていると言われています。

 

そこで、私は六甲山をもう一度生き生きとした山に取り戻すため、六甲山の中で多くなり過ぎた木々を、間伐して、その木々を新港突堤に植え直して、ウォーターフロントに六甲の森公園を整備したいと以前から考えていました。

 

いま三宮の都心の再整備が進められていますが、いまの計画では、高層ビルの建設が中心となって、経済性と効率性ばかりが重視された計画になっています。いまの都心の再開発には人をわくわくさせるようなロマンを感じることができません。

 

これからは効率化や経済合理性だけではなく、人間性の回復、自然との調和が重要な課題です。そのためにも、都心のウォーターフロントに、六甲山から持ってきた木々で緑ゆたかな公園を整備して、海の見える森をつくってはどうでしょうか。

 

かつて神戸は「山、海へ行く」と言われたように山を削って埋め立てた海上都市をつくってきましたが、これからは海の近くに新たな森を整備する時代だと思います。

 

「海に森をつくりましょう。」

 

これからは「海、山に行く」時代です。

 神戸の都心にぜひ、六甲山の木々を使って海の見える森を再生しましょう。

 

 

2020.10.25.(日曜日)午後12時

里山 歩樹(藪野 正昭)

【日常通信】ー「和歌山のミカンいただきました!」

昨日、久しぶりに和歌山の友人に電話をすると、後から、和歌山のミカンをたくさんもらったので、おすそわけで送りますと言ってくれました。

 

和歌山の友人とは、大学のときからの友達です。彼は季節になると、和歌山の柿やミカンをいつも送ってくれます。楽しみにしていましたら、今朝、ミカンが届きました。大きなミカン箱いっぱいにミカンが入っていました。

 

家内も大喜びです。我が家では毎日かならず季節の果物を食べるのが習慣になっています。秋の季節になると、ミカンと柿を食べることが多くなりました。

 

和歌山のミカンはさすがブランドミカンで、食べると他の産地以上に、甘くて、ジューシーです。和歌山の富有柿も種なし柿で大変、おいしい味がします。これからしばらくは、和歌山のミカンを毎日食べることができます。友人に感謝ですね。

 

私は毎日、果物を食べていますが、食べるときはいつも産地を聞くようにしていますが、ミカンと柿は和歌山のものがおいしいですね。同じ果物でも産地によって味がぜんぜん違います。

 

果物を食べていつも感じるのは、日本は広いということですね。同じミカン、柿、リンゴでも、地方によって味が違いますね。日本の国の自然の豊かさ、多様性を感じますね。

 

秋はおいしい果物がいろいろあります。我がふるさと川西では、柿とブドウ、栗があります。しかし、ミカンはありません。兵庫県では、ミカンは淡路産のミカンがあります。

 

和歌山といえば、私はいつも有田のミカンを思い出します。日本産の温州ミカンは近年は海外でも人気があるようですね。

 

私はオレンジをよく食べますが、オレンジは皮をむく必要がありますが、ミカンは、簡単にミカンの皮をむくことができていつでも好きなときに食べることができるのでありがたいですね。

 

私は子供の頃からミカンが大好きでした。子供の頃は外に遊びに出かけるときは、よくポケットにミカンを入れて遊びに出かけました。そして、のどがかわいたらポケットからミカンを出して、食べるのが習慣でした。

 

川西ではミカンがとれませんが、兵庫県でも地域によってはミカンがとれるところがあるようです。しかし、和歌山のブランドミカンにはとてもかないません。

 

私は、これから毎日、和歌山の有田ミカンが食べられるかと思うとうれしくなります。

 

和歌山の友人に感謝です。

 

「本当にありがとう!!」

 

 

2020.10.24.(土曜日)午後12時25分

里山 歩樹 (藪野 正昭)

 

【日常通信】ー「今年も冬の足音が聞こえてきました」

今年もはや10月下旬になりました。

昨日、外から、石油を販売する車の音が聞こえてきました。今年もいよいよ石油ストーブを入れる日が近づいてきました。

 

神戸の六甲山では、学校でストーブをつける火入れ式が行われたと新聞に出ていました。このようなニュースを聞くと、今年もいよいよ冬がやってきたかと思ってゆううつになりますね。このところ朝晩に寒く感じることが増えてきました。

 

私は12月生まれなのに、なぜか子供のときから冬が一番苦手でした。寒い冬が季節の中で一番嫌いな季節です。冬になると手足の動きがにぶくなって困ります。

 

それと、冬になるとよく風邪をひいたり、時にはインフルエンザにかかることもありました。冬にはあまりよい記憶がありません。

 

私が暮らす川西地域は、子供の頃は、寒くてよく雪が降りました。朝目が覚めると、外の景色を見るとあたり一面真っ白な雪景色でした。私は雪の中を歩いてよくすべってケガをしたことがあります。このため、雪が降る冬にはトラウマがあります。

 

私は子供のときから、雪や、氷が苦手でした。すべるので、外に出かけるのが苦手でした。私は、冬のスポーツのスキーやスケートは子供のときから苦手でした。今年もいよいよ冬が近づいてくると考えると、考えるだけで寒くなります。

 

昨日、リハビリで車に乗って出かけたときに車の中から外の風景をながめると、道路の街路樹の木々の葉っぱが紅葉していました。黄色や赤の葉っぱが風にふかれて揺れていました。

 

枯葉が風にふかれて、飛んでいる光景がありました。畑の中に立っている柿の木には、柿の実がたわわになっていました。実の形からして、おそらく久保柿だと思われます。

 

冬の思い出といえば、子供の頃は、よく雪が降ったので、広い原っぱに行って、雪だるまをつくって遊んだことですね。広場では落ち葉を集めてきて、たき火をして、暖をとったことがなつかしく思い出されます。

 

子供の頃は、寒くなると、よくたき火をして、友達と一緒にあたたまったことがなつかしく思い出されます。私はたき火の中に、さつまいもを入れて、よく焼きいもをつくって食べたことがあります。

 

今年も冬の足音が聞こえてきました。今年も私の嫌いな冬がやってきます。なんとか今年は暖冬で、雪が降らないことを願っています。

 

雪が降ると、坂道が多い川西では、外に出ることがこわくなります。冬になって、コロナがさらに広がらないか心配です。インフルエンザも心配です。冬は心配ごとが多くて困りますね。

 

皆様は冬が好きですか。

私は冬が大嫌いです。

長い冬をどのように過ごそうかと、悩んでいます。

 

なんとか風邪やコロナにかからなく、春を迎えられるように、願います。

 

 

2020.10.23.’(金曜日)午後12時45分

里山 歩樹 (藪野 正昭)

【兵庫通信】ー「熊が出ました!!」

昨日、テレビのニュースを聞いていると兵庫県内で熊が出没して、各地で被害が出ていると言ってました。

 

兵庫県内のどこかと思っていると、なんと私が住み育った川西市とのことで、びっくりしました。川西市内には大きな団地が開発されたりして、人口も増えていますが、昔は、川西といえば山と田畑だけの田舎でした。

 

そのため、川西には、以前からいのししや鹿、さらには猿などが出ることがよくありました。特にいのししと鹿は少し山の近くに行くと、よく見かけました。

 

いのししや鹿によって田畑の産物を荒らされる被害が大きな問題になっていました。そのため、いのししや鹿をとる猟師もよく川西で、いのししや鹿を退治していました。

 

そのため、私は子供の頃は、いのししや、鹿の肉をもらって食べたことがあります。私は川西に生まれ、育ちましたが、熊が村の中に出るようなことはありませんでした。熊は能勢の山に行くと、よく出ました。

 

「能勢の山奥に入ると熊が出ましたので注意してください。」という看板がよくありましたが、川西の町の中に熊が出るようなことは聞いたことがありません。

 

ところが今年は、すでに川西の町中で熊が出没する事例が4件もあるとのことです。熊が人が住む町中で出るということは山でのどんぐりなどのエサが不足しているのだと思います。

 

熊が人里に出てくるのは、山の中のドングリが少ないためだと言われています。そして、里山が荒れているため、ドングリをつくるブナなどの広葉樹が少なくなっているためだと言われています。

 

私が子供の頃は、里山にはまきをつくったり、炭を焼くために、村人が毎日のように、入って、山の育成に努めてきました。

 

そのため、里山は熊などの動物と、人は社会との境界地域になっていて、熊などの野生動物は、人が住む地域に入らないようになっていました。

 

日本経済が成長して、里山に人が入らなくなって、里山が荒れてきました。そのため里山が熊などの動物が住む地域になってしまいました。

 

そのため里山にエサをとりにきた熊が間違って町中に入って来るようになったと考えられます。今日、リハビリに行ったときに同乗していた女性も、家の近くに熊が出たと言ってびっくりされていました。

 

造成された住宅地まで熊が出てくるとは驚きです。同乗していた女性は、熊がこわくて、外に出ることができませんと言っておられました。

 

行政も熊対策に困っているようですが、里山が荒れているかぎりは、熊はこれからも、どんどん町中に出てくるでしょう。熊と人間が共生できる環境を何とか取り戻したいですね。

 

自然は、私たち人間だけのものではありません。熊などの動物にも必要なものですからね。

 

このブログを書いているときに、ラジオでニュースを聞いていると、あるところで、熊におそわれて、男性がケガをしたと言っていました。

この川西にも熊が出ると思うとひとごとではありませんね。

 

何か熊と人間が共生できるよい方策がないでしょうかね。

 

 

2020.10.22.(木曜日)午後1時20分

里山 歩樹 (藪野 正昭)

 

【日常通信】ー「今日のホームリハビリ」

今日は、週1回の訪問リハビリの日です。

自宅でリハビリするので私は勝手に「ホームリハビリ」と言っています。今日も10時20分頃に、我が家に理学療法士の先生が来ました。

 

まず先生はいつもの通り、血圧を測ってから始めます。血圧は上が115、下が74でした。正常でした。先生は私の手首をさわりながら、よいですねと言っていました。そのあと、私はベッドに横になって先生のマッサージを受けました。

 

先生のマッサージを受けていると眠たくなりました。先生はまず足のマッサージを25分程度してから、左腕のマッサージをしてくれます。

 

足は毎日歩いているので、そんなにこっていませんが、左手はほとんど動かさないのでかなりこっていると言われていました。手足のマッサージをしてもらうと少し、体が軽くなったような感じがしました。

 

マッサージのあとはベッドの横に立って、屈伸運動をしました。できるだけ、足のひざを曲げるようにして、10回ほど屈伸運動をしました。

 

右手でベッドのさくを持ちながらのストレッチはいい運動になります。足のひざを曲げて、ストレッチをすると汗が出てきました。マッサージとストレッチが終わると、すでに、40分ほど経っていました。

 

私はマッサージのときは先生とできるだけ会話をするように努めています。先生は20才台でまだ独身の若い先生です。趣味を聞くと、ギターと剣道と言っておられました。

 

先生といろいろ話ができるのはホームリハビリのいいところですね。会話も脳のリハビリですからね。ひととおり、マッサージとストレッチが終わったあとは、家の中の8畳の和室の中を、歩く練習をしました。

 

ホームリハビリを始めた最初の日は8畳の和室を1周まわっただけでしたが、先週の2回目の日には、2周しました。今日は、2周するリハビリを2回しました。今日は4周したことになります。

 

さすがに4周目は足が上がらなくなって疲れました。しかし、先生にうかがうと始めの頃は、右足を引きずって歩いていましたが、今日は左足に体重が残って右足も上がって歩けるようになっています。

 

最初のときと比べるとかなり足が上がるようになって、よくなっていますと言っておられました。

 

今日は和室の中を歩きながら外の庭をながめました。わが家の庭をながめるのは久しぶりです。庭には植えた植木が風に吹かれて、葉っぱが揺れていました。部屋の中から外の景色を見ると、空は秋晴れのよい天気でした。

 

明るい日差しが窓から入ってきて、窓の近くに行くと日差しであたたかく感じました。今日は秋空がきれいな日です。先生の話では風があって、外は少し、寒いと言われていました。

 

ホームリハビリは約40分ほどですが、今日も、約1時間ほどリハビリをすることができました。

リハビリが終わると、少し疲れて、ベッドで横になって休みました。

 

今日のホームリハビリの報告です。

 

 

2020.10.21.(水曜日)午後2時35分

里山 歩樹 (藪野 正昭)