読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―ひな祭りの思い出

今日は朝から荒れ模様の天気です。

 

朝の早いうちは雨も降ったり、止んだりでしたが、昼からは激しい

雨になりました。天気予報の通りになりました。予報によると、低

気圧が日本列島に到来してきて、今夜からさらに大雨や強風になる

ようです。春の前の嵐です。家の中に居ても、雨の「ザーザー!」

という激しい音が聞こえて来ます。外は暗くて夜のようです。

 

勿論、太陽の光は厚い雲に遮られて差してきません。この為、気温

は昨日よりかなり低いように感じます。ストーブをつけていても肌

寒く感じます。家内は洗濯物が干せないので乾燥機で乾かしていま

した。雨が激しいので窓も開ける事が出来ません。家の中でジーと

座っているしかありません。一日中、薄暗くて気が晴れません。新

聞や雑誌を読んで時間を過ごしました。

 

ガラス窓から外の景色を見ようとしても暗くて何も見えません。雨

の音だけが聞こえてきます。雨でも花粉は飛んでいるようでくしゃ

みが出て止まりません。今日は一日中、憂鬱な日になりました。明

日も荒れ模様の天気になりそうなので、この週末は家でジーとして

いるしかありません。これも春が来るための準備と考えて我慢しま

しょう。春はもうすぐです。楽しみ待ちましょう。

 

今日は2月20日。早いもので、もう少しすると3月になります。

3月3日は桃の節句、ひな祭りの日です。雛まつりの話を聞くと春

が来たと思いますね。私は男の兄弟ばかりなので、子供の時にひな

祭りを飾った記憶があまりありません。母が手造り雛人形を部屋に

飾っていたのをかすかに覚えています。

 

よく覚えているのは、三色のひし形の団子を作ってくれた事です。

そのひし団子を火鉢の網の上で焼いて、砂糖をつけて食べた事を鮮

明に覚えています。団子を炭火で焼くと香ばしい香りが漂ってきま

す。私は、すこし焦げた団子が好きでした。暖かい団子に砂糖をつ

けて食べる味は格別でした。白、ピンク、草色の三色団子を全部食

べました。私は、ピンクと草色の団子が特に好きでした。大きな三

色の菱団子を全部食べるとお腹が一杯になりました。

 

母は時々、甘酒を作ってくれましたが、私は、どちらかと言うと苦

手でした。折角作ってくれたので,お蝶子で少し飲みました。母は

甘酒が好きで祖母と「美味しいね!」といって美味しそうに飲んで

いました。

 

結婚して長女が生まれると、家内の実家から立派なひな人形を頂き

ました。それからは、3月3日には8畳の座敷に7段の雛人形を家

内が飾ってくれようになりました。大きくて立派なひな人形です。

組み立てると8畳の部屋が一杯になりました。母は自宅で初めて大

きな雛人形を飾ることが出来て嬉しそうでした。母は「女の子がい

ると華やかでいいねー」と言って喜んでいました。

 

おおきな雛人形を一体一体箱から出して、組み立てて行くのは大変

です。でも、家内は、楽しそうに組み立ていました。雛まつりが終

わって、元のケースに収めるのも大変な作業ですが、家内は毎年、

雛まつりの日には時間をかけて丁寧に組み立てくれます。娘が嫁い

でからは、ちいさな雛飾りの人形を玄関に飾るようになりました。

 

もうすぐ、ひな祭りです。

楽しみですね。

 

2016.2.20. 里山 歩樹