読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―春の嵐の日のリハビリ日誌

天気予報の通り、今日は大荒れの天気になりました。

 

激しい雨風です。昨夜から降りだしました。寝ていても「ザーザー、

ガタガタ!」という激しい音が聞こえてきます。昨日は、暖かな、

春の陽気で、絶好のお花見日和だったのに、この時期は天気が変わ

りやすいですね。昨日、家内に誘われて、思い切って公園に花見に

行って正解でした。天気は悪くなると聞いていましたが、こんなに

激しい嵐のような天気になるとは予想しませんでした。

 

今日は今週最後のリハビリの日です。今日も早く目が覚めました。

昨夜は気温が高く感じて、何度か目が覚めました。温度計を見ると

18度もあります。5月中旬の暖かさです。雨が暖かい空気を運ん

できたようです。そろそろ、衣替えの時期です。

 

それにしてもよく降ります。一晩中、激しい雨の音が聞こえてきま

す。リハビリがあるので、出掛ける朝には小降りになっているかと

期待していましたが、朝、目が覚めても相変わらず、激しい雨が降っ

ています。今日は、雨は止まないと思いました。少し、早く出かけ

る用意をしました。雨が降ると玄関のタイルが滑って大変です。傘

をさして玄関を出るのは神経を使います。

 

洗面所で歯を磨いていると、チャイムが鳴りました。今日は激しい

雨が降っていますので、フード付きのパーカーを着ていきました。

玄関のガラス戸を開けると激しい雨風です。どしゃぶりの天気です。

私はフードを被って外に出ました。家内が傘をさしてくれますが雨

が激しいので、服が濡れます。急いで自動車の中に入りました。フー

ドには雨粒が一杯ついています。私はハンカチで雨を拭きました。

 

車窓から外の景色を見ようとしますが、激しい雨が車の窓ガラスを

打ちます。水滴で外がよく見えません。激しい春の雨です。公園の

傍を通ると、雨で濡れた桜の木が見えました。花びらの多くは、未

だ散らずに残っています。桜の木の下を見ると、道路がピンク色に

染まっています。

 

フロントガラスから前の方に見える山の風景を見ようとしましたが、

雨足が激しくて、よく見えません。白い靄がかかっています。病院

には少し早く着きました。道を歩いている人は雨に濡れながら急ぎ

足で歩いています。強風で傘を飛ばされそうになっている人もいま

した。

 

病院に着くと早速、リハビリ室にいって、マッサージを受けました。

ベッドに座っていると、若い女性が見学してもいいですかと言って

きました。聞くと、この4月に病院に入ってきた新人の先生でした。

徳島の出身のようです。緊張していて、初々しく感じました。私が、

45年も前に社会人になった時のことを思い出しました。

 

今日は雨が降っているので、外には出かける事は出来ません。リハ

ビリの日に雨が降るのは久しぶりです。今日は、仕方なく、病院の

中を散歩する事にしました。病院の廊下を歩いていると診察室の窓

に小さな赤い花が生けてあります。初めて見る花です。名札を見る

と「ボケ」と書いてあります。名前を聞いた事はありますが、見た

のは初めてです。「ボケ」とは凄い名前ですね。思わず笑ってしま

いました。

 

先ず、エレベーターで6階まで上がってから、6階の窓から外の景

色を眺めました。そこからは、周囲の山や田圃がよく見えます。傍

を通る能勢電車の線路や電車、駅舎も見えますが、今日は雨が激し

くて白くもやって、よく見えません。目を凝らして眺めると山の中

ヤマザクラの白い花がかすかに見えました。

 

今日は6階の廊下を回ってから、もう一度一階に降りてから一階の

廊下を散歩しました。先生の話しでは、歩くスピードが速くなった

ので、時間に余裕が出来たとのことでした。以前の二倍を歩いた事

になります。それから、二階のリハビリ室に行って、手のリハビリ

を受けました。手のリハビリに時間をかけるのは久しぶりのような

感じがします。

 

二階から外の景色を見ると相変わらず激しい雨が降っています。今

日は止みそうにありません。病院から帰るときも雨に濡れそうです。

二階のベランダには植木鉢に植えたキンカンの実が大きくなってい

ました。パンジーの花は雨でびしょぬれです。最後に血圧を測ると、

上が105、下が60でした。

 

春の嵐の日でのリハビリ日誌です。

報告を終わります。

 

2016.4.7 里山 歩樹