読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-水泳の思い出

今日も蒸し暑い日になりました。

 

今のところ雨は止んでいますが、天気予報によると今夜から大雨に

なるとのこと。九州で被害をもたらせている雨が近畿に移ってくる

ようです。九州は度重なる災害で大変です。心からお見舞い申し上

げます。兵庫県でも毎日雨が降っていますが、幸い、昼の間は曇り

空ですが雨は降っていないので助かります。夜に激しい雨が降って

います。

 

昼の間は、時々日差しも差してくるので、家内は梅雨の晴れ間に洗

濯物を干しています。梅雨の時期は洗濯物が乾かないので、昼間だ

けでも晴れてくれると助かります。亀吉の散歩も梅雨の晴れ間を選

んでさせています。

 

今日は空を見上げればまっ黒な雲が広がっています。雨が降りだす

と大雨になりそうなので、窓は全部閉め切っています。ですから、

風が入ってこないので、家の中にいると蒸し暑くて堪りません。空

気が入れ替わらないので蒸し風呂状態です。座っていても汗が滲ん

できます。

 

庭のアジサイの花の色が赤くなってきました。アジサイの花はこれ

からが見頃を迎えます、近所の家でも色々な色をしたアジサイが咲

き乱れています。いよいよ梅雨本番の季節になります。梅雨が開け

るといよいよ今年も夏がやってきます。楽しい夏休みもやって来ま

す。夏と言えば水泳を思い出します。

 

新聞の記事を読んでいると早くも海開きやプール開きがあったよう

です。川で水遊びをしている写真も載っています。私も、夏になる

と近くの川や池に泳ぎに行きました。私の子供の頃は、プールはあ

りませんでした。泳ぐのは、近くの川か山の中の池でした、子供の

頃は、周囲は山ばかりで住宅はありませんでした。

 

川には遠くの山奥から流れてくる綺麗な水が滔々と流れています。

清流で川の底まで透き通って見えました。周囲は山の木々で囲まれ

ているので、裸になって泳いでも誰にも見られる心配はありません。

小さな滝では清らかな水が流れ落ちてきました。滝の周りは滝壺の

深場になっていて、私達は、岩の上から飛び込んで遊びました。

 

よく水の中に潜って魚を獲って遊びました。水の中に潜るといろい

ろな魚が一杯います。アユ、フナ,ドジョウ、うなぎ、ナマズ等等、

コイもいました。おおきなモズクカニもいました。子供の頃は魚の

名前は分かりませんでした。潜って手掴みで捕まえました。

 

友達の中には魚を獲るのが上手な子供がいました。皆のあこがれの

的でした。水泳は自己流でした。あたしは平泳ぎしかできませんで

した。クロールをすると耳と鼻から水が入ってきて、中耳炎になり

ました。泳ぐとすぐに中耳炎になって医者通いをしました。この為、

私は、水遊びは好きですが水泳は苦手でした。夏になると耳鼻科に

通うのが習慣になっていました。

 

一度中耳炎になると鼓膜に穴が開いているので泳ぐと水が入ってき

てすぐに中耳炎になりました。この為,水泳についてはあまり良い

思い出はありません。泳がないで魚釣りや河原で遊ぶのが好きでし

た。川原の水溜りでは色々な生物が棲んでいます。メダカも泳いで

いました。

 

時々、カワセミや水鳥が餌を採りにやって来ます。川原で遊んでい

ると時間が過ぎるのを忘れて夢中になっていました。周囲の林から

はセミの鳴き声が聞こえてきます。蝉しぐれです。色々なトンボが

飛んでいました。

 

森の中から、様々な小鳥の囀りが聞こえて来ました。森の方から涼

しい風が吹いてきました。川で遊んでいると時間が過ぎるのを忘れ

てしまいます。気がつくといつの間にか夕方になっていました。辺

りは薄暗くなっています。慌てて家に帰りました。体が日焼けして

ひりひりします。

 

「水泳に 川池に行く 夏の昼 歩樹」

 

 

今となっては、清らかな川に潜って遊んだのは遠い、遠い昔の事の

出来事となってしまいました。

子供の頃に悩まされた中耳炎は今も持病となっています。

 

2016.6.22. 里山 歩樹