読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【神戸通信】―神戸のことについて

今日は、朝から曇り空です。

 

その上に風が強い日です。天気予報によると夜から雨が降るようで

すね。昨日は青空が広がるいい天気に恵まれて、神戸の桜の名所で

はお花見で賑わったと記事に出ていました。神戸で一番桜が綺麗な

王子動物園では恒例のライトアップが行なわれて、幻想的は雰囲気

に大勢の花見客が感動の声を挙げたと報じています。夙川も沢山の

屋台が出て大変、賑わったようです。

 

夙川は私も何度か花見に行った事がありますが、川沿いに立派な黒

松が並んでいて、ピンクの桜の花と黒松とのコントラストがとても

綺麗に感じた事を思い出します。それと、阪急電車神戸線の沿線

には沢山の桜が植えられているので、この時期は毎日、通勤電車の

車窓から桜を鑑賞する事が出来ます。阪急の神戸線の景色は、他に

はない美しい風景です。

 

今年の花見も今日がピークですね。今夜、雨が降ると、風も出てい

るので、満開の桜も大分散るでしょうね。お花見の時期もあっとい

う間に終わります。これからは若葉の季節になります。梅や桜の枝

にはよく見ると小さな新芽が出ています。私は四季の中で新緑の季

節が最も好きです。

 

それと田植えの時期も好きです。その時期は生命力が溢れる季節で

す。田植えと言えば、宮崎出身のリハビリの先生が、宮崎では早く

も田植えが進んでいると言われていました。季節の移り変わりの早

さを感じます。

 

今日の神戸新聞を読むと、神戸港開港150周年の特集記事として、

神戸が生んだ大商社「鈴木商店」の連載を始めるようです。この記

事を読んで神戸の事が色々頭に浮かんできました。先日のブログで

神戸はじめ物語の事を書きましたが、その後で神戸は映画発祥の地

である事を思い出しました。豚まんも、神戸南京町から生まれまし

た。色々考えると、神戸は日本でナンバー1のものが沢山あります。

 

インフラでは、世界一長いつり橋「明石海峡大橋」、日本で一番長

い運河「兵庫運河」、景色では日本の三大夜景の一つ「神戸の夜

景」、食では灘の酒は日本一の酒どころです。日本の清酒の約3割

りが灘で生産されています。靴も神戸の長田が日本一の産地です。

 

かつて、日本一の大商社だった代表が「鈴木商店」です。一時は三

井、三菱を越える日本一の巨大商社でした。昭和恐慌で倒産しまし

たが、神戸製鋼帝人双日などの企業は今も残っています。スー

パーのダイエーも一時、三越を越えて日本一の小売業になりました。

神戸灘生協は、今も日本一の生協です。神戸港は最盛期、世界第3

位のコンテナ貨物量を誇りました。神戸港開港により整備された外

国人居留地は東洋一の街といわれました。

 

このように考えると、以前の神戸がいかに凄い街であったかがよく

理解できます。

 

開港150周年を機会に神戸がかつての輝きを取り戻す事を願って

います。

 

2016.4.3. 里山 歩樹