読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】―母の日

今日は朝から薄曇りの天気です。

 

空には灰色の雲が広がっています。時々薄日が差してきます。その

せいか、気温はいつもより低く感じます。少し、肌寒く感じます。

綿の長袖に薄いセーターを重ねて着ています。この時期はいくら寝

ても眠たくなりますね。昼近くまで寝る事があります。

 

これだけ寝ても、昼間、椅子に座って、新聞や本を読んでいると眠

たくなってきます。今日は、睡魔が襲って来て、椅子から落ちそう

になりました。危ないので部屋に帰ってベッドの上で1時間程昼寝

をしました。春眠暁を覚えず、ですね。一日のほとんどを寝ている

ので、家族があきれています。

 

今日は5月8日、「母の日」です。今日の新聞で初めて知りました

が、「母の日」はアメリカで生まれたようです。当時の大統領が母

親の日ごろの苦労に感謝するため、全官庁に国旗掲揚を命じたのが、

戦後日本に渡って来て、カーネーションを贈るようになったようで

す。「母の日」がアメリカで始まったとは意外でした。私は日本の

記念日、祭日だと思っていました。カーネーションを贈るのは日本

の慣習のようです。

 

わが家でも、娘がカーネーションの花束を買って来てくれました。

亡き母への感謝のメッセージカードを書いて、仏前に供えてくれま

した。母は花が好きだったので大変喜んでくれていることでしょう。

娘に感謝ですね、ありがとう。

 

ところで、皆さん、カーネーションの多くは兵庫県淡路島栽培

されていることをご存知ですか。淡路は花の島と言われています。

中でもカーネーションの日本最大の産地です。カーネーションは一

年を通じて栽培されています。今日、皆さんが贈られたカーネーシ

ョンも淡路産の花ですよ。きっと。

 

今日は、母の事を色々と思い出しました。母は早くに父を病気で亡

くしてから、田舎で小さな店を経営しながら,祖母と二人で私達三

人兄弟を育てくれました、色白の綺麗な母でした。毎日忙しく働い

ている姿が今の目に浮かび浮かびます。

 

私は、母が働いている姿しか記憶がありません。朝から夜まで働い

ていました。日曜日も店は休みませんでした。母がよく、「休みが

あるサラリーマンの人が羨まし」と言っていたことを思い出します。

この為、子供の私達にはサラリーマンになって欲しいと思っていた

と思います。

 

母は何でも器用な人でした。料理が上手でした。店では生鮮品も売っ

ていました。池田の中央卸売り場まで毎日仕入れに行っていました。

自分の体より大きな荷物を背負って帰ってきました。母は仕入れて

きた魚をさばいて売っていました。その為か料理が得意でした。私

は毎日、母が作る食事が大好きでした。

 

母は趣味が多い人でした。器用な人でした。特に編み物が好きでし

た。よく、毛糸でセーターを編んで人にプレゼントしていました。

知人から頼まれたセーターを編んでいました。母の編んだセーター

は大変喜ばれました。刺繍も得意でした。日本人形も作っていまし

た。何でも器用な母でした。

 

母は特に花づくりが好きでした。母は我が家の庭で四季折々の花を

育てていました。毎日、庭に出て花を育てていました。様々な花を

育てていました。特に菊の花が好きでした。自分で大事に育てて、

公民館で開かれ菊の展覧会に出品していました。バラの花も好きで

した。庭の隅にバラの花を育てていました。季節になるとピンクと

赤い第輪のバラが咲きました。

 

夏は朝顔を庭中に育てていました。夏になると大きな朝顔の花が咲

きました。母が元気な時は玄関や庭には様々な花が咲き誇っていま

した。母は椿と梅の花が好きでした。今も母が植えてくれた椿が、

寒い冬にピンクの綺麗な花が咲いて、私達の目を楽しませてくれま

す。

 

母は働き者でした。いつも働いていました、すごい人でした、私に

はとても真似が出来ません。母は私の自慢でした。心配症でした。

何時も子供達の事ばかりを考えていました。母は男の子ばかりで寂

しかったと思います。

 

母には進学、就職、結婚等色々と大変心配をかけました。男は照れ

くさくて、優しい言葉を口にする事が出来ません。今、考えると母

には悪い事をしたと、今頃反省しています。本当にありがとうござ

いました。

 

心から感謝いたします。

ありがとうございました。

 

2016.5.8 里山 歩樹