読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-つるし柿

MY日常通信 MY神戸通信 MY兵庫通信

 

今日は晴れののち曇り。

 

朝方は晴れていましたが、午後から雲が広がってきました。日

差しが差してこないので、薄暗い日になりました。気温も下が

って寒くなりました。部屋の温度を確か寝ると10度を下回っ

て居ます。部屋に中で10度を下回るのは初めてです。12月

も中旬に入ってきて、今年もいよいよ冬本番ですね。

 

神戸ルミナリエも昨日閉幕しました。新聞の記事を読むと会期

中の来場者は昨年並みの325万人に及んだようです。凄い人

出ですね。今年は22回目でした。今年は、前半は雨もあって

出足が鈍くて心配されましたが、後半は天気に恵まれて盛り返

しました。これまではルミナリエの時はよく雪が降る事があり

ましたが、今年は雪も降らなくて良かったです。

 

今年の神戸の最大のイベントも無事終わりました。次はクリス

マスですね。今日からは神戸の街はクリスマスモードに変わり

ます。クリスマスの飾りが街中に溢れます。一年が経つのは早

いですね。年々、1年が過ぎるのが早く感じます。今年も、ア

ッという間の一年でした。

 

今日、恒例の今年の漢字が発表されました。今年の漢字は「金」

でした。オリンピックで日本の金ラッシュが続いたからでしょ

うかね。「金」は3回目のようです。私はあまり好きな漢字で

はありません。何でも金次第の夜の中になったと思ってしまい

ます。

 

「金」という漢字には人の情を感じませんね。心の優しさが感

じられませんのであまり好きな言葉ではありません。皆さんは

どう感じられましたか。今年の漢字が発表されると今年も終わ

りに近づいたと感じます。

 

今日は今年一番の冷え込みになりました。日中も気温が上がら

なくて、各地で氷点下の冷え込みなったようです。夜からは雨

が降りそうです、明日も雨が予想されています。さらに気温も

下がりそうです。明日の朝の最低気温は5度まで下がると天気

予報で言っていました。朝は辛い日になりそうです。

 

私は最近、食後のおやつにつるし柿を食べています。つるし柿

は私の好物です。私が子供の頃は.つるし柿は自宅で作りまし

た。わが家の畑には大きな柿の木が何本かありました。そのほ

とんどは甘い富有柿とくぼ柿でしたが、一本だけ大きな渋柿の

木がありました。

 

渋柿は実が大きくて美味しそうなのでかじると渋くて、思わず

吐き出しました。大きな木に立派な実がたわわになっています

が渋くて鳥も食べません。私がその渋柿を畑から採って帰ると

祖母が皮を剥いて縄でつないで縁側の軒下につるしてくれまし

た。

 

軒下に干していると大きな柿も次第に小さくなっていきました。

小さくなると同時に色が茶色に変わっていきました。よく見る

と白い粉が出ていました。指に受けて舐めると砂糖のように甘

くなっていました。その甘さに驚きました。あの渋い柿が甘く

なるのが不思議でした。

 

私の子供の頃は、どの家でも軒下に柿を吊るしていました。軒

下の吊るし柿は田舎の冬の風物詩でした。今の様に美味しいお

菓子が無い時代は、甘いつるし柿は貴重なおやつでした。私は

果物の柿が好きで、冬は毎日、自宅の畑で採ってきた柿を食べ

ていました。甘いつるし柿は果物の柿より。貴重でした。私は、

よく、縁側に行って吊るしてある柿を採ってきて、食べました。

 

母もつるし柿が大好きでした。柔らかいつるし柿を「おいしい

美味しい!」と言って食べていた姿を思い出します。母は干し

柿も好きでした。正月用の干し柿を沢山買ってきておいしそう

に食べていました。昔は干し柿も自宅で作っていました。

 

吊るし柿は、何も添加物は浸けません。太陽の光と冷たい風は

甘い柿にしてくれます。自然が作る健康食品です。私は、今も、

贅沢なケーキや菓子よりも自宅で作ったつるし柿の方が美味し

いと思っています。

 

先日、久しぶりにつるし柿を食べて,子どもの頃の懐かしい味

を思い出しました。久し振りに食べたつるし柿の味は最高でし

た。家内の話ではつるし柿は高い食べ物になっているようです

ね。今の人は吊るし柿がどのように似作られるか見た事がない

人が多くなりました。冬の風物詩の景色も昔の事となりました。

 

「吊るし柿 故郷の味 懐かしや  歩樹」

 

また吊るし柿を軒下に吊るした風景を見たいものです。

 

2016.12.12. 里山 歩樹