読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-冬はすぐそこです

MY日常通信 MY神戸通信 MY兵庫通信

今日は青空が広がるいい天気です。

 

空気が冷たく感じます。陽が差していますが、肌寒く感じます。

今日もリハビリがない日なので家の中で自主トレをしながら過

ごしています。何もしないでジーとしていると寒くなるので、

時々は屈伸運動をしたり、家の中を歩いたりして体をほぐして

います。歩くと少し体が温まってきます。

 

今日は、家内が神戸に用事で出かけたので、朝食をとってから

昼過ぎまで寝ていました。昼食はいつもの通りカレーです。カ

レーにはいつも卵を入れます。カレーを食べると体が温まって

汗が出てきます。最近は眠たくて困ります。寒い時に汗をかく

と元気が出るように感じます。

 

今日も起きてから新聞を読んで時間を過ごしています。今日の

朝刊でも鳥取地震の事が伝えられていました。鳥取では今も

余震が続いているようです。被害も広がりを見せています。家

屋の被害の他、農産物の被害も出ています。鳥取名産の梨が地

震で落ちて大きな被害が出ているようです。

 

梨はこれからが美味しくなる時期です。私は、最近はたまにリ

ンゴの代わりに梨を食べています。これから高くなるのでは心

配です。新聞では野菜が、相変わらず高くて主婦が嘆いている

との記事が出ていました。味覚の秋も今年は主婦にとっては辛

い秋になりそうですね。

 

今日の朝刊では、俳優の平幹二郎氏が亡くなったと記事が出て

いました。82歳です。平さんは私の好きな俳優さんの一人で

した。風格が感じられる俳優さんでした。黒澤監督の「影武者」

の演技が記憶に残っています。また一人、個性的な俳優が亡く

なりました。謹んでご冥福をお祈りします。

 

日本シリーズでは広島カープが連勝しました。今年のカープ

本当に強いですね。でも、これからが本当の勝負です。油断し

ないで最後まで頑張ってもらいたいと思います。

 

今日の神戸新聞の夕刊に神戸の六甲山小学校でストーブへの

入れ式が行われたと伝えています。早いものですね。つい前ま

では暑い暑いと文句を言っていたのに、今年もストーブが必要

となる時期が来ました。

 

私は寒いのが苦手です。寒くなると体が硬くなって、血圧も高

くなりがちです。どうしても運動量も減ってきます。厚着をす

るので肩が凝ります。足の動きも悪くなります。六甲山小学校

のストーブに火がついたと聞くと今年も冬がもうすぐやってく

るなと思いますね。

 

私はこの時期になると子供の時のことを思い出します。昔は今

のような便利な機器がありませんでした。火をおこすのは全て

薪でした。学校には真冬でも教室に小さな薪ストーブが一つあ

るだけでした。家ではご飯を炊くのも風呂の湯を沸かすのもす

べて薪でした。そのため、秋のこの時期は薪作りで忙しくして

いました。

 

秋のうちに我が家の山に行ってクヌギの木を伐り出して薪を作

りました.冬に使う薪の量は大変なものでした。自宅の裏にあ

った納屋が一杯になる程薪を作りました。山から切り出したク

ヌギの木を適当な長さに来て、斧で割るのが子どもの私の役割

でした。当時は電気ノコギリのような便利なものはありません。

全て手作業です。寒い時期でも汗が噴き出して来ました。

 

出来た薪を納屋に順番に入れていきました。納屋に薪が積み上

がっていくとクヌギの木の匂いが漂ってきます。わが家には納

屋が二棟ありましたので、納屋を薪で一杯にするためには沢山

クヌギを山から切り出す必要がありました。叔父が山から切

り出して我が家まで運んでくれました。そのクヌギでシイタケ

も育てました。

 

私は冬が近くなるといつも薪作りの事を思い出します。子供の

時は寒いのも気になりませんでした。むしろ冬になって雪が降

ると喜んでいました。里山が雪で銀色の世界に変わるのが綺麗

で、私は冬を楽しみにしていました。その私も歳をとると冬が

苦手になってきました。特に雪が降ると滑るので外に出るのが

怖くなります。

 

六甲山の学校でストーブに火が入るとそのうちに雪が降りだす

事でしょう。今年も冬が近くなってきました。このところさら

に日が短くなってきたように感じます。午後4時になると急に

暗くなります。冬が近い事を実感します。

 

先日、家内が、年賀状の準備の話をしていました。今年もそん

な時期になったかと思うと、何となく気せわしく感じますね。

今年も苦手な冬が近づいてきました。秋が終われば冬が来て、

冬の次には春がやってきます。春の次にはまた、暑い夏がやっ

て来ます。日本の四季の移り変わりを楽しみましょう。

 

冬は何時までも続きません。

皆さん、それまで頑張りましょう。

 

「秋過ぎて 冬来りなば 春近し 歩樹」

 

2016.10.24. 里山 歩樹