読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょうご☆ふるさと~風だより。

グルメもファッションも山も海も豊かな兵庫・神戸の魅力を、里山から毎日発信します。ようこそ神戸へ!

神戸の産業振興と経済活性化に40年以上尽くした経験を活かし、
里山歩樹が兵庫の里山から元気に発信します。
兵庫いいとこ何度もおいで♪

【日常通信】-花火の思い出

今日も暑い日になりました。

 

昨日は、全国各地で今年初めての猛暑日になったようです。暑いは

ずです。35度を超えると体温近くなります。今からこんな暑さで

はこれから先が思いやられます・。今日は、日曜日で何も予定はあ

りません。一日どのように過ごそうかと考えながら、新聞を読みま

した。

 

一面のトップ記事はバングラデシュのテロ事件です。恐れていたこ

とが起りました。日本人の方が7人も犠牲になりました。いずれも

JICAの関係者が犠牲になったようです。憤りを覚えます。許せ

ませんね。テロと言えば欧米や中東の事を思っていましたが。日本

の近くの国でも起こるようになりました。テロの背景にはグローバ

リズムの進展による格差拡大があると言われています。

 

日本でもいつ起こるか分かりません。日本においても格差が拡大し

ています。先日新聞を読んでいたら、子供の6人に1人が貧困世帯

になっているようです。食事にも困っている子供が沢山出てきてい

ると記事に書いてありました。子供の就学にも影響が出ていると出

ていました。日本も欧米と並ぶ格差社会になりました。生活保護

帯が増えているようです。

 

日本社会はかっては一億総中流社会と言われた時代がありました。

世界で稀な平等社会でした。そんなに裕福な国ではなかったと思い

ますが、皆が等しく貧しくてお互いに助け合って生きていく国でし

た。その後、世界第三位の経済大国になってから、格差が広がって

きました。世界のトップクラスの経済大国になりながら、一方で貧

困が広がっているのは、どう考えても理解ができません。

 

国も政策が間違っているとしか言いようがありません。格差の是正

が喫緊の課題です。ところが不思議なことに、今実施されている選

挙でも格差問題がテーマになっていないのは、どうした事でしょう

か。私は格差問題こそ最大の争点だと思います。このまま格差の拡

大を放置しておくと日本社会が分裂してテロが起こるようになると

考えます。

 

その選挙の事ですが、今日新聞を読んでいて驚いたのは、候補者に

元アイドルやテレビタレントが大勢立候補されていることです。ま

るで人気投票ですね。これでは日本の政治はよくなりませんね。候

補する人も人ですがその人を推薦する政党も政党ですね。要するに

どんな人でも人気があって票が集まればよいという発想ですね。投

選挙制度の弱点ですね。

 

困った事ですが日本人の良識が問われていています。今回から18

歳以上の若い人に選挙権が与えられました。若い人には人気投票を

しないようにしてほしいですね。先ず、ともかく投票に行きましょ

う。すべてはそこからです。英国のEU離脱に見るように最終的に

決めるのは国民の投票です。それが民主主義です。

 

ところで、今日の新聞を読んでいると早くも花火の予告が出ていま

した。早いものですね。今年も花火の季節になりました。以前は家

族揃ってよく花火大会に出かけました。有名なのは神戸のみなとこ

うべ海上花火大会です。地元新聞社や商工会議所などが実行委員会

を組織して毎年開催されます。

 

ミナト・神戸の夏のイベントです。神戸の夏の風物詩です。各地か

ら大勢の人がメリケンパーク屋はバーランドに詰めかけます。花火

大会の日は、花火が見えるホテルはどこも人で一杯になります。ク

ルージングの船に乗って見学する人もいます。都心の飲食店は大勢

の人で賑わいます。

 

神戸の花火大会は海上で行われますので、街の中でもよく見ること

が出来ます。私は、人混みを避けて、事務所のビルからいつも眺め

ていました。漆黒の闇夜に上がる花火は綺麗でした。海面に映る花

火も綺麗でした。

 

宝塚の花火大会も家族でよく行きました。阪急の西宮北口で待ちあ

わせていきました.河原に降りると人が一杯で座るところもありま

せん。宝塚の花火大会はすぐ前の川で花火が打ち上げられるのは、

迫力がありました。花火の音が大きくて耳が痛くなるほどでした。

河原にいると花火の火の粉が落ちてきます。最後にあるナイアガラ

の滝の仕掛け花火が綺麗でした。

 

川西でも猪名川で花火大会が開催されます。子供の頃は毎年見学に

行っていましたが、すごい人混みなので、大きくなってからは自宅

の二階のベランダから花火を見ることが多く。なりました。ベラン

ダにいても花火の音も聞こえて来ます、遠くからですが花火もよく

見えました。

 

ベランダで静かに見る花火もよいものです。遠くにいいさく見る花

火も楽しいものです。私は風呂上がりでシャツだけ着て団扇で仰ぎ

ながら、遠くに見える花火を一人で眺めていました。今年も花火の

時期が近付いたと思うと時の流れる速さを感じます。

 

花火の時は天気が気になります。よく雨が降って中止になる事があ

りました。その時に打ち上げられなかった花火がどうなるのか勝手

に心配したものでした。私は本当の事を言うと、花火は大きな音が

怖くて嫌いでした。心臓に響く音が嫌いでした。

 

耳に手で栓をして見ていました。

家で遊ぶ花火の方が好きでした。

 

 

2016.7.3. 里山 歩樹